2021年01月15日

不評だけどやめない

寝るときにワイヤレスヘッドフォンを耳に突っ込んでラジオとか聞きながら寝落ちするのが完全に習慣化してるのですが(昔はイヤーウィスパーとか耳栓をつかってたこともあるけど耳栓よりいい)子供が朝起こそうと思って声かけたのに反応が無いから死んでるかと思ってドキドキしたとか、奥さんが体調悪いと言ってるのに横でヘッドフォンで耳塞いでるのを見てなんて薄情なんだと思ったとか、たいへん不評です…

最初は「よく眠れる波の音」だの「ヒーリングミュージック」だのから始まって「お経」まで行ったのですが、最近は「カズレーザーが読み上げる一問一答」シリーズが寝落ちにいいかな。 
posted by one-hand-engineer at 09:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月12日

トランプ関係とか

2021年初投稿。
今年の目標は…前にも書いたけど毎年毎年目標を決めるようなことはしないので特にないです。
しいてあげれば毎年同じく「何事も現状+1%を目指す」かなぁ…

米国の大統領選はトランプが策略を使って勝つと予想してたのに外したな… 
まさか、ここまで無策とは思わなかった… 金も権力もあるのに…

FaceBookやTwitterがトランプのアカウントを削除してるけど、これは正直どうなんだろうねぇ… いろいろ嘘言ったり煽ったりしてるので仕方ない気もするけど、利用規約に基づいてという理由で1私企業の判断だけで有無を言わせず発言の場を奪うのもちょっと問題あると思うんだよねぇ… 
こんなときのためにMastdonがもっと広まってたらよかったのに…
他にもP2PのSNSいろいろあるだろうけど知らん

GoogleのAdSenseのアカウントをたまってた収入ごと消されて、問い合わせしても「利用規約に反しているのでBanした 何が反していたかは教えられない」という対応を受けた身としてはプラットフォーマーが「ルールは全部オレが決める 反論は言わせない」という態度にはちょっと不満。
posted by one-hand-engineer at 17:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月31日

2020年を振り返って

今年は新型コロナに尽きますな。

我が家でも、今までは日中は一人で気ままに過ごしていたのに、奥さんと子供がテレワークでずっと家にいるようになって人口密度は増えるしZoom会議とかで騒がしいし昼食のメニューが豊富になって5kgぐらい体重が増えました。
自分は10年前から自粛生活だったので全く生活は変わらなかったのだけど…

自分も病気後ステイホーム生活になったとき、最初はお菓子作ったりパン焼いたりNetflixとかHulu見まくったりゲームやったり(ドラクエ11をカンスト(全キャラレベル99)したり)筋トレとかしたりしてたので、みんなやることは一緒だなぁとか思って見てました。

株や投信は4月に激下がりしたけど、その時期にちょっと仕込んで年末までにはプラスに転じたのでそれほど悪くなかったかな。

漫画は「薬屋のひとりごと」


ドラマは「タイムレス」


本は「あきない世傳 金と銀9」


がよかったかな…

あまり明るいニュースはなかったけど、すごく悪かったという出来事もないので、まぁ、身近なとこでは総じて悪くはなかったかな。

家族はバイトだの買い物だのたまに出勤だの外出してたけど、誰も感染しなかったし。

今年も紅白見ながら家族で年越しの予定です。
では、来年もよろしく。
posted by one-hand-engineer at 11:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月23日

少子化対策の話

匿名ブログからの引用
--
ちなみに身の回りの産みたくない女性は
・出産という行為そのものを負担に感じている派、
・自分の遺伝子残したくない派が二大派閥で
産みたいけど産めなかった女性は
・自分が見込んだ相手でなければ嫌だけどフラれ続けて妥協もできず配偶者が得られなかった
パターンが多いです
--
だそう

経済問題の対策(非正規雇用の不安定さ、産休、育休手当、育休後の復職)とか晩婚化対策(不妊治療の保険適用、助成)が主な対策になるかと思ってたのだけど、これが主な理由だとすると今の少子化対策って全く的外れになってしまうな…

つわりの低減、無痛分娩の普及、自己肯定感の向上が対策になるのか?
フラれるのは…対策しようがない…
posted by one-hand-engineer at 10:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月20日

プログラマー35才定年説

35才は若すぎると思うけど、50才ぐらいで壁があると思う。
自分は50才過ぎた頃から新しい技術にあまり興味が湧かなくなってしまった。
昔だったらdockerなんて面白そうだから絶対試してみてただろうに。
昔は新しい技術が出るととりあえず試してみてたけど今はそんな元気もない。
仕事が忙しいからという言い訳もない現状の暇な状態でもやる気が起きない…

昔は新しいOSが出るととりあえずインストールしてみて、クワッドブートとかやってたけど。今でもその頃の名残で部屋には自作PCの筐体が3個も転がってる…あと古いノートPCが4台とか…
そこを乗り越えてやっても記憶力が落ちてるから効率が悪いし、夜中まで長時間没頭する体力もない…
理解力、センスも落ちてるから何がいいのかよくわからないで、長く使って知り尽くしてる古いものの方がしっくりくる。
創作意欲も湧かなきゃ若い頃たまにあったマリオのスターをとったときのような何でもできそうな無敵感が湧くこともない…
まぁ、iOSの新しいアプリを全部Swiftで書いてみたの50過ぎだったけどね。
人によって違うと思うけど、50過ぎたらマネージメントとかお金の算段の方に行ったほうがいいだろうね。

そんなこんなでRocky Linuxをインストールすることも(たぶん)ないだろなぁ…
AndroidもMarshmallowあたりから全く興味なくなってしまった…
iPhoneもx以降11も12も買う気がしないから検証もできない。
たぶん動かないアプリも出てきてるだろうけど、ごめんなさい。Webの問い合わせ先からメールをいただいた方が反応は確実です。
アプリのレビューで動かないとクレームを書かれても通知が来ないので気がつかないんですよ。人手があれば巡回して見に行けるけど人もいないし…
posted by one-hand-engineer at 11:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする