2013年06月14日

中途障がい者の悲哀

”子供を泣かすには持ってるおもちゃをとりあげればいい。最初から持っていなければ悲しくないけど、あったものがなくなるのが人間は一番悲しいから” 
と言う話を聞いたことがありますけど、生まれつき障がいを持ってるのと中途で突然障がいを持つのとどっちが悲しいのでしょうね…

私には大型バイクに乗ったり、海でシュノーケリングしたり、パラグライダーで空を飛んだり、元気だった頃の楽しい思い出がたくさんありますけど、もう二度とできないのかなぁと思うと悲しくなります。
でも、楽しい思い出があるのは幸せといえば幸せだし…

なくしたものを嘆いても仕方がないというのは頭ではよくわかってるのですけどね。
どれも年取ったらできなくなるものばかりなのでそれが何十年か早まっただけだし。

障害をもってできなくなったことは多いけれど、解決すべき課題がたくさんあるのは、やりがいがあるといえばあります。

今は片手タッチタイピングに挑戦してます。
右手のホームポジションをかえたらボロボロ。
何十年もかけて身体にしみついてるからなぁ…
ラベル:障がい者
posted by one-hand-engineer at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月13日

自分で自分を傷つける

自傷行為ではありません
マヒ手の小指の爪で薬指を切っちゃうんですよね
何度も流血してます
あと、ぶつけて知らないうちに爪が割れてたり

私はないですけど握りしめて手のひらを傷つけてしまうこともあるようです
爪切りと爪のやすりがけは大事
ラベル:脳梗塞
posted by one-hand-engineer at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月12日

アスカさんが一過性脳虚血症

チャゲアスのアスカさんが一過性脳虚血症で活動を休止するというニユースがありました。
一過性脳虚血症(TIA)は一時的に脳の血管に血栓が詰まってなる軽い脳梗塞。
ワーファリン(血栓ができにくなる薬)を飲んで再発しないようにするのでしょうね。
めまいと吐き気だけならば(現時点では)それほど心配はないとは思いますが。
ラベル:時事ネタ 脳梗塞
posted by one-hand-engineer at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月11日

シャラップ上田

多少の英語の間違いを笑ったら失礼、とは思うけど侮辱する意志はなくmiddle ages(中世)とmiddle age(中年)を間違えてたのを思わず笑ってしまったのは責められないよなぁ…
何を笑われたのかわからずに単純に笑われたと勘違いして怒ってしまうのは外交の資質がないと言われても仕方ない。
やっぱり、多少自分で英語が話せても通訳を使わないとだめかな、それなりの立場にある人は。

http://markethack.net/archives/51879261.html
ラベル:英語 時事ネタ
posted by one-hand-engineer at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

必要とされていない感

家にこもって家族以外と全く話さないことが長く続くと”自分がいなくても世界は回っていく感”が半端ないです。
高齢者がボランティアだのシルバー派遣だので働くのは思ってた以上に意味があるかも。

私は人よりだいぶ早く体験できたけど会社員なら誰もが定年退職後に味わうことになるでしょう。
ラベル:雑感 リストラ
posted by one-hand-engineer at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月10日

働くのは権利

勤労は義務だと思ってたけど権利でもあるのですね。

日本国憲法27条
すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。

権利を行使したいところですけどハロワと再就職支援会社に通ってますがなかなか通勤可能なところに求人はないです。
通勤さえ可能であれば障害者枠の求人はたまにあるのですけど。

ま、焦らずいろいろと身の振り方を考えます。
ちょうどセカンドキャリアを考えるぐらいの年だったし。
アーリーリタイアできるぐらいの資産家だったらよかったのですけど。
まだまだ子供の教育費はかかるし、あと10年は働かないと…
病気になっても引退できない貧乏人はつらい…
ラベル:リストラ
posted by one-hand-engineer at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月09日

温度がわからない

温度が(特にマヒ側)暑いのか寒いのかよくわかりません。
汗をかくとすごく寒い(冷たい)感じがします。
暑くて汗をかく→寒く感じる→厚着する→余計に汗をかく→寒い感じが強くなる→厚着する、と負の連鎖。
最近は自分の感覚が信用出来ないのがわかってきたので「寒い感じだけど汗をかいてるから今は暑いんだな」と感覚を信じずに頭で判断するようにしています。 
”Don't feel. Think”なのである。

身体の傾きも同じ。三半規管からの情報は信じずに視覚の水平線の見え方と健側の足裏の圧力で判断する。
目がよく見えないのも、チカチカぼんやりした画像から推測する。
腕や手も正座したあとの足のようにしびれてて風が吹いただけでもビリビリくるし。
口の中も「超猫舌」で熱いものがダメ。
唯一いいのは夏でも飲み物に氷をいれなくて常温で美味しく飲めることだけですな。

感覚の問題は見た目ではわからないけど結構苦労してます。
膝や肩や股関節や腰やあちこち痛いし。
ラベル:脳梗塞
posted by one-hand-engineer at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月08日

成長戦略になってない

”「過少投資」、「過当競争」、「過剰規制」の3つの歪みを根本から是正する”とか言ってるけど、ダメダメ。

「過小投資」っていうけど、過大な設備投資をして失敗して(パナがプラズマに投資したように、シャープが太陽光発電に投資したように)経営が傾いたのが現状の問題の一つでそれを国が肩代わりしてリースにして貸し出すようなやり方は愚策。
投資が企業から国の負担になるだけで成長にならないどころか自分の懐が痛まないなら余計に無駄な投資が増えるだけ。

「過当競争」も早期に退場するべき企業に金をつっこんで延命するのは愚策。資本主義の否定か?

「過剰な規制」はやめた方がいいね。これは賛成だけど、実際にやってることは逆でおかしな”表現規制”を増やしたりしてコンテンツ産業を萎縮させてる。

ダメかもとは思ってたけどここまでダメとは思わなかった…
頭がいい官僚が考えてるんじゃないのか? 

100点満点で30点ぐらい。赤点。 今の状況だとすごくむずかしい課題だとは思うけど、60点ぐらいの回答は出して欲しかったな… 東大卒とかが考えてるんでしょ? 
ラベル:政治
posted by one-hand-engineer at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月07日

アイデアに価値はない

凡人がぱっと思いつくようなアイデアなんて、とっくの昔に誰かが思いついてる。
本当にすごいアイデアというのも稀にあるけど、凡人には理解できない。
あるいは、すごすぎて実行できない。 
なので「アイデアに価値はない」はおおむね正しい。

facebookだってtwitterだってiPhoneだってアイデアは誰にでも思いつくようなもので、あとは実行力と運。
アイデアを具体化する愚直な実行力、人を巻き込む人間力こそが肝。
あとは実力。 運も実力のうち。

だけど、同じような”実行力と運”を持っているならアイデアが1つだけよりアイデアが10個ある方が成功する確率は10倍になる。
そういった意味ではアイデアにも価値はある。
ラベル:雑感
posted by one-hand-engineer at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月06日

クリーム玄米ブラン情報

このブログは自称”国内でも有数のクリーム玄米ブランのファンブログ”なので新作情報を。

季節限定の「ココナッツ&杏仁」が発売になってます。
iphone/image-20130606101459.png

ココナッツは大好物なのでもっと風味が濃くてもいいかなと思ったけど杏仁豆腐も好きなので私のツボをついてくるなぁ、という感じ。

クリーム玄米ブランの種類については↓
http://one-hand-engineer.seesaa.net/article/319465100.html
posted by one-hand-engineer at 10:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする