2013年07月22日

公職選挙法違反による当選無効

国会議員が選挙に当選後に失職するケースを調べてみた。

公職選挙法違反、政治資金規正法違反などの罪により有罪となった場合には失職する規定はあるよう。

ワタミは言い逃れできるような気はする。投票の呼びかけではなく単なる職を辞する通知だったと。メロリンQはどうかな… 
どちらもこれだけ話題になっていると絶対に告発されると思うけど、どうなるか…

100万人メール作戦の方はネットによる選挙活動解禁後初のケースなので、どのような判断になるのか要ウォッチです。
第三者にメールアドレスを登録されてメールが送られてくるなんてやめてほしいのけど、有罪になったとしてもスタッフだけで議員本人には影響なしになるのでしょうね。 

以下は衆議院の規定

公職への立候補による失職

公職選挙法第89条・第90条の規定により、首長及び議員が公職の候補者となった(立候補した)ときは失職する(当選を失う)。
ただし、本人の任期満了を控えて行われる当該選挙に再選を目指して立候補するときは、失職せず任期満了まで務めることができる。
この理由には、公職に就いたまま、他の選挙に漫然と出馬してあわよくば鞍替えしようとする不誠実な行為の防止や、選挙運動が公務の妨げになることを防ぐ意味があるとされる。

被選挙権喪失による失職

公職選挙法第99条の規定により、選挙後に被選挙権を有しなくなったときは、失職する(当選を失う)。
具体的には、次のような場合がある。
1.成年被後見人となった
2.(地方自治体の首長又は議員の場合)当該都道府県・市区町村から転出した
3.禁錮以上の刑に処せられた(執行猶予中の者を除く)
4.収賄罪、公職選挙法違反、政治資金規正法違反などの罪により有罪となった(罰金以下の刑、執行猶予が付された場合も含む)
5.秘書、親族、選挙の総括責任者などが、当該選挙に関連して公職選挙法違反で有罪となり、いわゆる連座制を適用された

衆議院解散

憲法第7条及び第69条の規定により、衆議院が解散されると、衆議院の全議員はその身分を失う。

除名処分

憲法第58条の規定により、対象議員の所属する議院の本会議において、出席議員の3分の2以上の賛成があれば、その議員は身分を失う。

比例代表選出議員の失職

公職選挙法第99条の2の規定により、比例代表選出議員が当選後、当選時の所属政党以外の政党に所属することとなったときは、失職する(当選を失う)。
なお、当選時の所属政党から離党した(自発的離党、除名処分など)だけでは失職しない。
一方で、当選時の所属政党を離れた後、新党の結成に参加することや、当選後に結成された新党に入党することでは失職しない。


参議院では下記の"資格争訟"というので他の議員が議長に提訴して処罰を求めることになるのかな…

以下は参議院の規定

第193条 他の議員の資格について提訴しようとする議員は、争訟の要領、理由及び立証を具える訴状及びその副本一通を作りこれに署名して、これを議長に提出しなければならない。
第193条の2 訴状が提出されたときは、資格争訟特別委員会が設けられたものとする。
 前項の特別委員会の委員の数は、十人とする。
第194条 議長は、議院に諮つて審査期間を定め、訴状を委員会に付託し、同時に、訴状の副本を資格争訟を提起された議員(これを被告議員という)に送付し、委員会の審査期間を通告すると共に、期日を定めて答弁書の提出を要求しなければならない。
 被告議員が、天災、疾病その他避け難い事由により、期日までに答弁書を提出することができないことを証明したときは、議長は、更に期日を定めて答弁書を提出させることができる。
第195条 被告議員が期日までに答弁書を提出したときは、議長は、直ちにこれをその委員会に送付する。
第196条 委員会は、訴状及び答弁書によつて審査する。期日までに答弁書が提出されなかつたときは、ただ訴状によつて審査することができる。
第197条 被告議員は、訴状の副本の送付を受けた後、何時でも、弁護人を依頼することができる。この場合には、その旨を議長に申し出なければならない。
第198条 弁護人は、委員会の要求により又は委員会の許可を得て、その委員会において、被告議員の弁護のために発言することができる。
第199条 争訟を提起した議員(これを原告議員という)及び被告議員は、委員会の許可を得て、委員会に出席し発言することができる。
第200条 委員会は、審査に当つて必要があると認めたときは、議長を経て、原告議員及び被告議員を委員会に招致し、尋問することができる。
第201条 委員会は、議長に、審査期間の延長を求めることができる。
第202条 委員会がその審査報告書を議長に提出したときは、議長は、これを印刷して各議員に配付する。
第203条 被告議員は、会議において、弁明のため数回の発言をすることができる。
第204条 弁護人は、会議において、弁護することができる。
第205条 議院は、被告議員の資格の有無について、議決により、これを判決する。
 議院の判決には、理由を附さない。
第206条 議院において判決したときは、議長は、判決の謄本を作り、これを原告議員及び被告議員に送付する。


ラベル:時事ネタ
posted by one-hand-engineer at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シンプルな判断基準

誰かの言葉で
「決断に迷ったときには短い言葉で説明できるほうを選ぶことにしている。長い説明が必要なものは言い訳や嘘が混じるから」
というのが”決断はシンプルな判断基準で軸足をぶらさずに”という私の考え方と合っていて気に入りました。
シンプルでエレガントなものはたいてい正しい。
posted by one-hand-engineer at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月21日

会心の一歩

健康な人なら何も考えなくても無意識に歩いていると思うのですが、脳が壊れてると「顎を引いて、身体が傾かないようにして、お尻を引いて、つま先を上げて、肩が下がらないようにして、膝を曲げないようにして、まっすぐ足を降り出して」といちいち考えながら一歩一歩踏み出してます。
以前は100歩も歩けば一回くらいは「今の一歩は良いんじゃないか」と会心の一歩が出る時があったのですが最近はそれがすっかり無くなってしまいました… 片麻痺に慣れてしまって悪い癖がついちゃったかな 
歩行姿勢が崩れているのは自分でもわかってるのですけど、なぜ崩れているかというとやろうと思ってもできないからなわけで… 困ったものです
posted by one-hand-engineer at 11:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月20日

中国が貸出金利の下限撤廃

優良なとこには今でも貸出ししてて貸してもらえないところが高金利でもシャドーバンクから借りてるんだから下限を撤廃しても何の対策にもなってないんじゃないか?
正規の銀行が高金利で貸し出しても不良債権化するだけだし、考えても対策がないんだよなぁ…
結局一度バブルがはじけるしかないのかな… あとは時期だけだな 
ラベル:時事ネタ
posted by one-hand-engineer at 09:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月19日

リハビリって

元通りに回復することじゃなくて、新しい状態に適応することだと思います。
re-habilisって言葉の通りですけど…

こぼれたミルクを嘆いても仕方がない。嘆くよりもコップに残ったミルクを美味しく飲んだ方がいい。一口も残ってなかったら代わりの飲み物を探せばいい。
こぼれたミルクをすするのは格好悪い。
残りの量が少ない方が希少価値で美味しく感じるかも、ラッキー☆ぐらいの考え方で。

病気前の健康な状態を基準としてどこまで回復したと比較してはダメで、病気直後の状態を基準として何ができるようになったかを評価する方がいいです。
できていたものができなくなることもありますけど。
できなくなったことよりできるようになったことの方が多ければ勝ち。で、勝つまで続ける。

以上、ブログ向けポジティブ思考でした。
実際は口には出さないけど何でこぼれちゃったんだろうと悲しくなる時もありますけどね。
ラベル:リハビリ
posted by one-hand-engineer at 09:17| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月18日

調子悪い

先週あたりから、ふらつきはひどいし、目も見にくいし、歩きにくいし、飲み込みにくいし。
暑いから調子が悪いのかと思ったら、ちょっと涼しくなっても調子が悪いのはあまり変わらず。
通勤しなくなって運動量が激減したせいか、ずっと家にいて静かで刺激が少ないせいか、これはもう気候のせいだけではないことを認めざるをえない…
運動量が減ったせいだとすると
運動量が減ってふらつく→ふらつくので運動を控えめにする→ますますふらつく
と負の帰還なんだよなぁ…
時間が経過すれば調子は戻ると信じて歩くのと筋トレとストレッチは継続してるけど。

優秀なPTがついていればもっとよくなるものなのか一人でやっててもかわらないのか、同じ条件で試せないからわからない。ちゃんとトレーニングをしてればあまりかわらないような気はするのだけど。

まぁ、考えても仕方がないことは考えずにできること(自主トレ)をするだけ。

最近ちょっとショッキングな出来事を聞いて無意識に気分が落ち込んでるかも。
でも、もっとショッキングな出来事が自分の周りにも起きうるわけで…それでも生きる覚悟を持たねば。
まだ起きてもいないことを考えても仕方がないし。
posted by one-hand-engineer at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月17日

「少女は卒業しない」



翌日に取り壊しが決まってる高校の卒業式の日に起きたいくつかのエピソード。
装丁から「桐島…」に似た雰囲気
好きか嫌いかと言ったら好き(まぁ嫌いなら2冊目は読まないけど)

ラベル:本/マンガ
posted by one-hand-engineer at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月16日

「銀の匙」8



「銀の匙を持って生まれた子供は生涯食うのに困らない 農家の子はまさに銀の匙を持って生まれた子」って「銀の匙」というタイトルの由来が作中で語られるのって8巻目にして初めてじゃなかったか?

農家の経営もたいへんそうだよなぁ 収穫期しか収入ないし、天気次第のところもあるし、TPPは死活問題だし…
頑張って子供の学費を払って食べさせても子供は自分の好きなことやりたいと言うし、でも子供は子供なりに家の事情も考えるし…
いろいろ考えさせられる重い巻でした

”夢を目指せなくなるのってすごく怖いね…でも、夢があるのにそれを目指さないで「これで良かったんだ」って一生自分をごまかし続けるのはもっと怖い…よね”

ラベル:本/マンガ
posted by one-hand-engineer at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歩行時の姿勢

片麻痺での歩行時の姿勢
form.png
・健側に傾く
・傾いた分バランスをとるために腰が反対側に出る
・その逆に背骨が曲がる
・後ろに重心がかかると後ろに倒れそうで怖いので首とお腹が前に出て前に重心をかけようとする

ある程度分析はできているのだけれど修正できない。
健側に傾かないとマヒ側の足を出す時に地面にひっかかるので自然と傾いちゃうし後ろに重心をかけるのは怖いので無意識に前重心になるし…
ラベル:リハビリ
posted by one-hand-engineer at 11:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月15日

経済政策のたとえ話

「お風呂に穴が空いて水が漏れています でも、お風呂に入りたいです さて、あなたならどうしますか?」
(水道代はあなたが支払います)

1 穴を塞いでから水を入れる
2 穴をそのままにして漏れる量より多く蛇口全開で水を入れる
3 風呂に入るのをあきらめる

私なら1で、それができなきゃ3なんだけどなぁ… 
世間では2がいいと思ってる人が多いのかなぁ… 多数決なら仕方ないけど
2をやるとますます穴が拡がるような…
ラベル:政治
posted by one-hand-engineer at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする