2013年10月06日

「宰領」



隠蔽捜査シリーズ5
過去のシリーズでいろいろあった長男の3回目の東大受験とか国会議員誘拐事件の捜査に絡んだ神奈川県警と警視庁の確執とか。

竜崎さん相変わらずいい味出してます。
このシリーズすごく好きなのだけど、半沢直樹と同じような感じで組織の中の変な政治的なかけひきみたいなものに圧倒的な実力で信念を通すみたいな構図が好きなのかな。


ラベル:本/マンガ
posted by one-hand-engineer at 06:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月05日

株式投資できるかな4

今週の戦績は種銭30万円で2勝0敗 2000円の益
1ヶ月トータルで12千円、4%ぐらいの運用益(そこから税金で10%引かれるけど)
毎月このぐらいコンスタントに稼げれば年率にすると40%くらいか。
この数字がいいのか悪いのかよくわからないけど、あやしげな情報商材の宣伝で”年100%の運用益”とか誇らしげに謳ってたから年40%(最大値かもしれないけど)でも株歴1年未満の素人にしたら上出来な気はする。(下手なことしたら1年で40%以上減る可能性も高い 信用取引に手を出したらそれこそ-100%,-1000%とか)
今週は米国の公共機関閉鎖とか消費税増税決定で荒れてたから特に簡単な相場でもなかったし悪い数字じゃないんじゃないかな。(結果的には上げ気味だったからビギナーズラックなのかもしれないけど)

しかし、マウスをポチっとするだけで数千円簡単に儲かるからこんなのでいいのかなぁとも思う。
会社員時代いろんなところの板挟みになり罵倒されながら日付けが変わるまで働いて日給換算で数万円もらってたのがバカバカしくも思えてくる。
まぁ損するリスクと引き換えの利益ではあるけど。
時間をお金に換えるかリスクをお金に換えるかですな。
知識やスキルをお金に換えるような創造的な仕事がしたいものです。

10円上がったら売って利益確定して、予想を外して10円下がったら売って損切りして、5割以上の確率で当てられたら長い目でみたらトータルプラスにできると思うんだけど甘いかなぁ… 値動きが無くてプラスにもマイナスにもならないことはあるにしても。
問題は売る余裕もないほど急に下がったときだな…
(リーマン・ショックの頃のチャートとかを見ると、これは避けようがなくて含み損で大損だなとちょっと怖くなる…)
1000株単位で持ってて株価が1000円下がったら(株価2000円の株が半減したりしたら)100万円吹っ飛ぶからなぁ…
1万円の利益をこつこつ100回積み上げててもそれが一発で吹っ飛ぶ
やっぱある程度のリターンを求めたらハイリスクだな…
本格参戦はやめておくか…

今やってる手法(ってほどのものでもないけど…)は上がり相場の時じゃないと使えないから通用するのは今だけかもしれないし…

まぁ、いざという時には生活費ぐらいは指一本でも稼げるという自信があるのとないのでは心理的に全然違うので実際にやるやらないは別の話で根拠がない自信でも別にいいんです。
あくまでもいざという時のための保険でデイトレードで食べていく気はさらさらないですし。
肉体労働ができないので頭だけ使ってリスクと引き換えにお金を元にお金を増やすのは選択肢の一つというだけで。

奥さんは株やFXなんて博打と同じようなものと思ってるから全然信じてないけど…
ま、それが正しいのかもしれないけど。
自分としては確率論でやってるつもりだけど根はギャンブラーなのかもね…(遺伝か?)
ラベル:
posted by one-hand-engineer at 08:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月04日

おせちの予約

10月になるともうおせちの予約開始の季節なんですね。
ちょっと前まで暑くて死にそうだったのに季節が過ぎるのは早いものです。

我が家では毎年この季節になるとおせちの予約をしたあとで年末に倒れて意識が戻らず生死の境をさまよってておせちを食べられなかった4年前の正月の話になります。
来年はおせち食えるかな…(と縁起でもないことを言ってみる…)
posted by one-hand-engineer at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月03日

オンラインリハビリ相談

・自分が在宅でリハビリをしていて理学療法士さんに意見を聞いてみたいと思うことが度々ある(ニーズはある(はず))
・リハビリが必要な人は今後も増え続ける一方で社会保障費は削られ”リハビリ難民”はますます増える(市場は拡大する)
・育児や親の介護などのために仕事を辞めざるを得なかった在宅のPT/OTさんは多いはず(シーズもある(はず))
・ニッチな市場で固定費を極力おさえたリーン経営(零細とも言う)だからこそ有利 (競争力はある(はず))
・リハビリを3年以上やってきてそれなりに気がついたこともあるし、利用者の気持ちもわかる。(ユーザー目線でサービスの提供が可能)
・小学生の頃から趣味で30年以上パソコンをいじってきて仕事で20年以上IT系のメーカーで働いてきたのでPCやネットを扱うことには自信がある (技術力はある(はず))

ということで考えました。
自分でやるのではなく紹介するだけのマッチングサービスです。
せっかく脳卒中になった(?)のでその経験を生かして何か少しでも人の役に立つようなことをやりたいので。

似たようなサービスがあれば自分が利用したいくらいなので真似やパクリは大歓迎、真似できるものなら真似して(というか紹介サービスなので是非協業したい)という感じ。

一番の懸念は利用者は高齢者でネットを使う世代ではないのではないか?ということですけど介助する患者の家族がいるだろうし10年後にはネットを使う高齢者も増えてるだろうし。
100万人と言われてるリハビリ難民やその家族の0.1%にでもリーチして、そのうち何%かが「いいね!」と思ってくれればいいので。

自分が欲しいと思う製品(サービス)を作るというのが会社時代からのポリシーだったのでそのポリシーとも合ってるし、たぶん誰もやってないだろうし(ニーズがあってもあまり儲からなそうだから誰もやらないだろうから)
posted by one-hand-engineer at 08:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月02日

実名か匿名か

ネットに実名を晒すかどうか随分迷ったのですけど、ブログもtwitterもアホなことは書いてるけど無責任なことは書いてないつもりだし”「闘う者よ名を名乗れ」と問われた時に堂々と名乗りをあげられる自分でいたい”(出典は何だったか忘れた)ので実名を晒すことにしました。
自分自身が匿名の人を信用してないし。
(ブログやtwitterはka-taのままでいきますけど)

でも、ブログやtwitterはあくまでもプライベートなのでブログを読んで仕事のことを判断したりプライベートを詮索しないで下さい。
ちょっかいをだされたら必ず反撃します。それこそ”倍返し”で。
ちょっかいだすつもりなら覚悟をしておいて下さいね。
posted by one-hand-engineer at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月01日

起業しました

10/1付で起業しました。
無職生活1年間、誰も雇ってくれないので自分で自分を雇うことにしました。

もし1年探しても再就職先が見つからなかったら(というかその確率が9割以上と思ってましたけど)と会社を辞める前から考えてたプランBの発動です。(プランCは隠居生活なので、もう後はありません)
WelfApp(ウェルフアップ)という名前でスマホやタブレット向けの障がい者や高齢者やリハビリ向けのアプリケーションソフトの開発とオンラインリハビリ相談をやります。
http://www.welfapp.com/
社長兼CEO兼CTO兼プログラマ兼経理兼Web担当兼雑用係です。

もし就職の面接で「あなたに何ができますか?」と聞かれたら
「ハードウェアやソフトウェアの企画や開発ができます」「ビジネスプランが立てられます」「そのプランを実行する実行力もあります」と答えるだろうから、なら自分でやればいいじゃん、という事で。

一回ドットコム企業の社長とか創業者っていうのを名乗ってみたかったんですよね。
(実体は今までとあまり変わらないですけど)

10年後を考えたらどこかに雇われるより自分で稼ぐ道を作っておいた方がいいと思うし。
シャロンさんも「どちらが正しいかでなくどちらが楽しいかで決めなさい」と言ってるし、
ホリエモンも「ブラック企業がいやなら自分で起業すればいいじゃん」と言ってるし。

10年設計開発をやって、10年営業やら管理職をやって、これから10年全く新しいことができると思うとワクワクします。
お金も無いし身体も不自由だけど今究極の自由を感じています。
奥さんには苦労かけて本当に申し訳ないけど…

どうせあと10年もしたら役職定年で会社にも居場所がなくなるだろうし。
60才を過ぎてから年金がもらえるまで7年も8年も働いてられるかっつーの。

「コンピューターの設計をしたい」という中学生の頃からの夢はかなったのでこれからは「コンピュータを使って何か人の役に立つことをしたい」とか「コンピュータを使って何か面白い事をしたい」(漠然としてるなぁ)という夢を追いかけます。
(奥さんには2年やってダメだったら障害者雇用でもコネでも何でも使って就職して働くと約束させられてますけど…) 
(2年の間に私より優秀な知り合いが今の仕事をやめて何か面白いことはじめるんじゃないかという根拠のない予想もあってしばらくはフリーでいようという狙いもあったりします)

でも、すぐ不安になってどこかに就職した方がいいかなと日和ってしまう…
ラベル:リストラ 起業
posted by one-hand-engineer at 09:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする