2016年05月15日

俺の屍を越えていけ

子供が自分が見たこともないようなものを見て、自分が知らないことを学んで親を越えていく、これ以上に喜ばしいことはない。
受精が終わった鮭のようにもうそのまま川底に沈んで生涯を終えてもいいような満足感というか…

逆に、大塚家具の親子のように年を取ってから子供が自分を越えたと思えないのは不幸だろうなぁ…
posted by one-hand-engineer at 11:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

貢物を持って会いに行く2

IMG_0111.jpg
どうも野良のくせにガツガツしてないで余裕があると思ったら、別の人から”カリカリ”をもらってるようだ。
”煮干し”もしっかり食べた。
ラベル:
posted by one-hand-engineer at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月09日

親の心子知らず

昨日は母の日だったわけですがうちでは特に何もありませんでした。
うちは長男扱いの私を筆頭に3人の子供をシングルマザーで仕事に家事に一人で育てているようなものなのですが、学費は出してもらって当然、料理も洗濯もしてもらって当然、片付けどころか脱いだ服はそこらに脱ぎっぱなしゴミは散らかしっぱなし、ちょっと小言を言うとうるさがられ、と感謝の正反対… ま、自分も同じようなものだったから、自分で働いて子供を育てるようになって初めて有り難みがわかると思うのだけど、一番忙しい時期にこの反応はやるせないだろうなぁ、と思います。

ここだけに書いておきます。「いつもありがとう あと数年で楽になると思うから辛抱してね 老後破産しないようにお金の計算だけはして、これ以上健康損ねないように注意しておくから」

しかし、できることがリハビリして体調維持するだけっていうのも何だよなぁ… 
もうちょっと体調戻っていろいろできると思ってたのだけどなぁ… 
2,3日前から薬が全く効いてないようなひどい状態なんだよなぁ… 
単に季節の変わり目だからだけだといいのだけど
posted by one-hand-engineer at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月08日

末期ガンにより24歳で死を目前にした男性が残した名言

創作かもしれないけど私も死にかけて同じようなこと考えてたから本当かも。

・楽しめない仕事で時間を無駄にしてはいけない。好きじゃないことをやったって、成功できないのは明らかだし、忍耐力、情熱、献身は、好きなことをすれば簡単に得ることができるのだから。

・自分が決断しなかったことではなく、自分が決断したことで人生を形作らなければならない。

・周りの人々に感謝してほしい。友達や家族は、強さと愛の無限の源だから。彼らの存在を当たり前だと考えてはならない。

・体とは、人の性格や思想、信念や意志といったものを届けるための小包なんだ。
その箱の中に世界を変えられるものが入っていないのであれば、その箱がなくなったところで何も変わらない。

・世界に何かを残そう。
自分にとってその定義が何であろうと、意味のある人生を送ろう。
それに向かっていこう。

・僕らの命は、未知の宇宙の果てしない暗闇に向かってとてつもない速度で飛びつづけている小さな一瞬の輝きのようなものだと思う。
だから、情熱を持って、今ここにいる時間を楽しもう。
その時間を、面白いものにしよう。
その時間を、価値あるものにしよう!
ラベル:名言
posted by one-hand-engineer at 16:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月07日

貢物を持って会いに行く

近所を縄張りにしてる猫、特に顔が可愛いわけじゃないけどすり寄ってくるのが可愛いので最近毎日のように散歩の目的地にしてます。
野良なのでなかなか会えないのだけど。
のらねこ.jpg

「鮭とば」をおみやげに持って行ったのだけどお気に召さなかったよう…
でも、家に「煮干し」とかないからなぁ…
猫カフェに通っちゃう気持ちもわかる。
ラベル:
posted by one-hand-engineer at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月06日

「僕だけがいない街」



ベタな恋愛物かと思って避けてたのだけど、タイムトラベルもので謎解きがメインで面白いじゃないですか。
タイムトラベルものの謎解きというとジャック・フィニイの「ふりだしに戻る」

とか乾くるみの「リピート」

が好きなのですけど、「僕だけがいない街」も面白かったです。

犯人はこいつだろうなとかなり早い段階で目星はついちゃうけど、最後までうまく引っ張って風呂敷を畳んでいってると思います。
欲を言えば恋愛要素がもう少し多くてもよかったかな。
ラベル:本/マンガ
posted by one-hand-engineer at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 本/マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月05日

「スターウォーズ フォースの覚醒」

"May the 4th be with you"
ということで「スターウォーズの日」にちなんで配信でようやく見ました
電車賃より安く見られてお得な感じだけど封切りから配信までのタイムラグが長すぎ
賛否両論あるけど、1作目(エピソード4)との類似点が多くて1作目見た時小学生だったおじさんは胸熱で好きだなぁ 
老け老けのハン・ソロとかレイア姫とかもう見た目が1作目のオビ=ワン・ケノービのルークとか

気になったところ(細かすぎ)
カンジクラブは”漢字”なのか”幹事”なのか”寛治”なのか
カイロレンはなぜダースなんとかじゃないのか
カイロレンの顔長っ
フィンもレイも訓練なしでライトセーバー上手すぎ レイは血筋でフォースが強いのだろうけど、フィンも?(フィンはストームトルーパーとして訓練されてただけかな…)
ピンクのR2-D2(正確にはR2-KTという別のドロイド)がちらっと映るのだけど、これは10年前、病気のスター・ウォーズファンの少女のために有志が作ったものらしい。
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1511/29/news017.html
ラベル:TV/映画
posted by one-hand-engineer at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月03日

「G.W.はどこか行くんですか?」に地味に傷つく

どこにも行きません。行けません。
外出してもつらいだけだし家にいるのが一番楽なのでいいのですけどね。
でも「G.W.はどこか行くんですか?」と聞かれると、もう出かけることもできないんだな、ということを実感して地味に落ち込みます… 
元気だった頃は家族旅行に行ったり、テーマパークに行ったり、ビール工場や日本酒造り屋に試飲に行ったり、バイクに乗りに行ったり、洗車したり、網戸の掃除をしたり、いろいろしてたなぁ、と。
言ってる方はただの話のフリなのでしょうけど…

ということで、G.W.も通所リハは通常通りだし、普段と同じように散歩して筋トレしてストレッチしてHuluで海外ドラマ見て一日一話のNARUTOの漫画の配信を読んでネットのCOSUMI(碁)で何回か負けて、いつも通りの毎日です。
今日は家族はどこかに服やら化粧品やら買い物に行ってお留守番です。
障がい者に休日はありません。でも、毎日が休日のようなものですけどね。
posted by one-hand-engineer at 11:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月01日

「飛露喜」

飛露喜.jpg
ゴールデンウィークだし、とっておきの「飛露喜」
前から一度飲んでみたかったのをたまたま入手出来て飲む機会をうかがってたもの。
たぶん、かなり美味い。
嗅覚と味覚が鈍ってるのがもったいない。
posted by one-hand-engineer at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする