2019年06月10日

老後2千万円必要

個人的にしてた試算とほぼ同じで「まぁ、そんなもんかな」と思ってて「たまには正直なこと言うな」と思ってたら、後から「表現が悪かった」とかいろいろ言い訳してるみたいね。

我が家の問題は奥さんが働けなくなったり退職したりすると、年金がもらえるようになるまで十数年貯金を取り崩して生活しないとならないので更にもっと必要になるのと、私の厚生年金加入期間が短いので年金が少ないのと、インフレ(というかスタグフレーションの方だと思うけど)のリスクと、年金額もどんどん減っていき支給開始もどんどん遅れていきそうなリスクと、健康リスクが他の家庭より大きいことだな。

撤退戦をうまく指揮できるのが優秀な指揮官だと思ってるのだけど、優秀な指揮官はどこかにいないもんかね。自分は安全地帯にいて勇ましい大本営発表だけしてる指揮官じゃなくて。
たとえ真実でも兵士の士気を落とすような発表はダメ発表だと思うけどね。
もうちょっとうまくやってくれよ。

「年金制度は破綻してる」から老後は「生活保護」で生きていく、と言ってる人もいるようだけど、年金制度が破綻するぐらいだと生活保護も破綻するし、生活保護の拡充より先に年金の方を税金で補填するようにするんじゃないかと思う(何もしてなかった人より、ちゃんと年金払って年寄り養ってきた人の方が優先でしょう、普通に考えて)

年金の試算したり、株や投信の含み益がどんどん減っていくのを眺めてたり、家の中のいろんなものが壊れていく(HDDレコーダーのDVDトレイが閉まらない、MacBookの電池パックが膨れていく、壁紙が剥がれ落ちていく、椅子や机のネジが外れていく…)のを見てると梅雨空も相まって暗くなる一方だわ…

追記:ここから問題のレポートが読めます。
https://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/tosin/20190603/01.pdf

金融省が出してるだけあって投資/運用を勧めるための資料で、年金問題とは別の視点でまとめられた資料で、これ単独で読んでも「実際、そんなものだろう」と特に問題あるとは思えませんな。

2000万円という具体的な数字がパワーワードすぎたのかな。
年収150万円とかで働いてる人がたくさんいる中で年収2千万とか資産数億円の議員がいろいろ決めてるからずれてきちゃうんだろうなぁ…

しかし、気に入らない結論が出たら受け取らないとか、審議会/ワーキンググループで検討する意味がないですな。
posted by one-hand-engineer at 16:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月05日

ペダル踏み間違え事故

最近多いアクセルとブレーキの踏み間違え事故(報道が増えるからという説もある 踏み間違えによる事故は交通事故全体の1%程度という統計もあるようだし)技術屋としては同様の事故が3件以上起きたらヒューマンエラーが原因だとしても設計変更して対策すべき、と考えてて、対策としては”ナルセペダル”(今は”ワンペダル”という名前らしい http://www.onepedal.co.jp/products/)がいいんじゃないかなと考えてました。(5年前にもこんな記事書いてます)
http://one-hand-engineer.seesaa.net/article/404298973.html

対策に衝突防止の自動ブレーキを義務付けては?という話もあるけど、自動ブレーキも誤動作がゼロにならないとダメだし(オフにできない自動ブレーキも怖い センサーの汚れとか他車のセンサーとの干渉とか誤動作ゼロも難しいだろうし) ついててもいろんな条件で動作しないこともあるだろうし、コスト的にも部品点数(=故障率)的にもペダルの改良で対策の方がいいと思う。

昔はMTしかなかったからfoolproof(複雑な操作ができなくなると自然に運転できなくなる)になってたのかな…
ラベル:
posted by one-hand-engineer at 13:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月01日

最近のコンピュータとかAIとかに思うこと

最近のPCってBIOSからUEFIへという流れだし、私が現役の10年以上前でもすでにBIOSがBASIC I/O Systemの機能(int 15hでディスクのリード/ライトだの文字の入出力を行うだの)を行うのはOSブート前までで、OSからBIOSを直接呼ぶなんてDOSとかWin95の頃までの古式ゆかしい方法で、最近の(広義の)BIOSと呼ばれてるものはマザーボード上のPOST(Power On Self Test:電源オン時の自己診断)とハードウェアの初期設定や変更メニューのファームウェアのことになってました(過去との互換性のために狭義のBIOSの機能も一応実装はされてたけど)
BIOSの上にOSが載ってるなんていう図式はもうずいぶん前の(1990年台の)お話で、今や古典のお話ですね…

プログラムが書かれた順番に実行される、というのもマルチスレッド、マルチコアが当たり前の現在では全く違って、複数のスレッドで同じコードが実行されたり、後ろの方に書かれたコードが先に実行されるのが今では当たり前の世界です。
プログラムが逐次実行という話も懐かしい話です。昔は単純でよかった。

「どのイベントが発生したらどのような動きをする」という手順を書くのがプログラムというのに変わらないし、小さな部分を見れば基本的には書かれている順に実行されるけど、いつ別のスレッドに実行が切り替わるかなんてプログラムを書いてる人にはわからないし、イベントがいつ発生するかなんてのもわからない。(マウスがいつクリックされるかなんて誰にもわからない) 
マイコンとBASICで育った私のようなおじさんにはオブジェクト指向だのマルチスレッドだのなじみのない世界ですわ… だから今のアプリのソースなんて恥ずかしくてとても人に見せられない。

AIも狭義のAI(機械学習やディープラーニングのこと)をAIと言ってたり、昔からあるエキスパートシステム(知識(ルール)をプログラムに置き換えただけのもの)みたいな機械が知能を持っているふりをする広義のAIをAIと言ったりばらばら。
昔からある、例えば洗濯機についてた洗濯物の量で水量や洗濯時間を変えたりするのもAIだし、ディープラーニングによる音声認識や画像認識もAIとひとくくりに言うから人によってAIの定義が違って難しい。(最近はディープラーニングのことをAIと言う人も多いみたい)
ディープラーニング(深層学習)も、どんなにすごいものかと思ったら、基本的には私が学生時代(30年前)に流行したニューラルネットが多層化しただけ(当時は3層しかなかった)
バックプロパゲーションとかコンボリューションとか新しい技術もいろいろ考え出されてすごく進化してるけど。

あと、多い誤解が教師なしの機械学習もあることですかね。(人間が正解や指示を与えないと機械学習はできないと思っている人もまだ多いようです)
機械が自分で学習するというのが進化してしまうと倫理的な問題?リスク?もあって議論もあるけど。

ディープラーニングで急激に進化したAIは画像認識とかには有効で医療の画像診断とかかにはかなり有効だと思うけど、別にそれで医者がいらなくなるわけじゃなくて、CTとかMRIで診断がやりやすくなったのと一緒で道具が進化しただけ。
最終的な診断や治療方針の患者への説明、判断した責任をとる、などは最後まで人間に残るでしょう。
画像診断システムを構築するのも人間だし、ビジネスを考えるのも人間でしょうし。
AIで仕事が奪われるなんて聞くとラッダイト運動(蒸気機関の発明で仕事を奪われると思った人々が機械を破壊する運動を起こした)を思い出します。
AIが一部の仕事を置き換えるのは本当でしょうけど、その流れは自然な進化なので止められないから逆にAIを活用して新しい流れに乗る方に努力した方がいいでしょう。
おじさんもTensorFlowでも勉強してみようかな。
PFNのこのChainerの教材 https://tutorials.chainer.org/ja/ なんかもよさそうね。
あー、もっと若くて学習が捗る年齢と健康状態だったらよかったのに…

またつまらぬものを長々と書いてしまった。 ごく一部の人しか興味ないのに…
まぁ、でも、年をとっても興味あるものって変わらないものだ。高校生の頃から全くぶれてない。
秋元康にやられてるのも変わらないし。
posted by one-hand-engineer at 11:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする