2012年10月05日

リハビリとは

「リハビリとは
1.認知(感覚) 
2.制御
3.筋力
をバランスよく向上させること。
上記のうち2つの条件が揃えば歩行は可能」とか、リハビリなんて学んだこともないただの患者のくせに自分の経験と感覚だけで偉そうにPT(理学療法士)さんに講釈をたれてたりしてました。

自分の場合
発症直後は寝たきりでストレッチャーで移動。発症後1ヶ月くらいは車椅子に座る練習(尻の感覚がないのでただ真っ直ぐ座ってるだけでも難しいのです)とベッドの手すりにつかまって立ってるだけの自主トレ、歩行器を使って病院の廊下(15mくらい)を往復、手すりにつかまって廊下の往復、一本杖で数十mならば歩けるようになった頃(半年後)に退院。一本杖で1kmくらい歩行できるようになった頃(1年9ヶ月後)に復職。といった感じの経過でした。
退院した頃は車椅子を覚悟してましたが今は一本杖で何とかなってます

今でも左足は竹馬に乗ってるような感覚で三半規管はグラグラでスイカ割りの時にグルグル回された直後のような感覚、目も複視なのを無理やり脳内補正している感じなのでチカチカしてよく見えない状態です。それでも何とか歩いてます。自転車に乗るよりは難しいけど10人いたら1〜5人ぐらいはできそうな難易度って感覚です。
いろいろな症状の人がいて十人十色だとは思いますが…
ラベル:リハビリ
posted by one-hand-engineer at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック