2013年03月24日

歩行フォーム改善

奥さんに久しぶりに歩く姿勢をチェックしてもらったら、背骨が”く”の字に曲がってるとか、お腹が前に出てるとか、首が傾いているとか、膝が曲がってる、とか色々言われて気にしだしたらギクシャクして歩けなくなった…  
小脳が一個無くなってしまって大脳で代わりに処理しようとすると処理能力の大半を使ってしまう感じ

歩かないと筋力は落ちるし肺や心臓その他内蔵全ての機能が低下すると思うので不恰好でも歩いた方がいいとは思うけど変なフォームで歩いてどこかを傷めるのは避けたいし、加減がわからない…
毎日往復30分ぐらい歩いて往路はフォームを気にせずガシガシ歩いて復路はフォームを気にしてゆっくり歩くことにしたけど
しかし、歩くのは上達しないなぁ(手はもっと回復しないけど)
2年前から全然進歩していない(むしろ後退してる?)
http://one-hand-engineer.seesaa.net/article/279424927.html

まぁ、赤んぼが歩くのと同じだとすると上達するまでに小学校に入学するくらい(5〜6年)かかっても不思議ではないけど
そこからさらに5〜6年かなぁ…中学生レベルまで上達するのは
ラベル:リハビリ
posted by one-hand-engineer at 07:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック