2013年06月18日

FXその後

為替相場は乱高下。
この荒れた相場では4月に確立した(と思った)手法では通用しない… 
安定的に利益を出すのは難しいというのがよくわかった。

ドル安でもポンド安? ドルが安くなったってわけでもなくて、円>ドル>ポンドってことか? 
”アメリカが量的緩和を縮小するという見方があって円が買われて円高が進んだ”と新聞に書いてあったけどアメリカで量的緩和が縮小されるとドル高になるんじゃないのか?よくわからん…

もはやテクニカル分析もファンダメンタルズ分析もあまり関係なくて大手ファンドの尻馬に乗れるかどうかが肝なのか?
一気に動くから絶対についていけない。
資金があればある程度相場をコントロールできるからなぁ。
巻き込まれないようにするには…無理だな…
うーん、ほんと難しいわ…

実際にお金がかかってると、どんどん増えていく含み損の金額を見ながら何の保証もなく”この価格で反転するはず”という自分の考えを信じて損をスルーしたり冷静に損切りする精神力が必要。

前に月1万円儲けるには1万円のリスク、10万円儲けるには10万円のリスクと書いたけど、実際は10倍ぐらいのリスクがありそう。

数万円の損益でもけっこうはらはらするから性格的にやっぱむいてないわ。(とか言いながら相場が落ち着いてきたらやるかもしれないけど…)
数千万円動かすファンドマネージャーなんて絶対無理だわ。
ラベル:FX
posted by one-hand-engineer at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック