2013年06月24日

脳卒中と性欲

「こんな事まで書いてバカ」という声が聞こえてくるようですが、摘便されたりオムツはかされたり入浴に危険がないか風呂場でうら若き女性OTに評価されたりペラペラのカーテン一枚のトイレ中「あら入ってたの」と開けられることがしょっちゅうだったりを経験するともう恥ずかしいこともあまり残ってないし誰も書いてないと余計に書きたくなるへそ曲がりだし。

夜に若い看護師さんと…なんて話は全くないので期待してたらごめんなさい。ここでウィンドウを黙って閉じて下さい(^^

そろそろ本題。
人間、生命に危険があると「性欲」なんて全く無くなります。
三大欲求とか言いますけど「食欲」「睡眠欲」よりはだいぶ下です。
精巣の活動もなくなるようで半年入院していても遺精とかも全く無かったです。
余計な煩悩が無くなって清々しいぐらいのものでした。ずっと賢者モード。
(人によっては高次脳機能障害で抑制が効かなくなりエロ全開になってしまう場合もあるようなので運がよかった)

「健康な若い男性なら性欲はあって当然」という表現がありますけど、正しい。
「不健康な年をとった男性」には全くありませんでした。
まぁ、子供がある程度育った後だからこんな呑気なことを言ってられるのかもしれないけど。
男女逆だったりエッチな事が生きがいの人には大問題だろうし。

個人差もあるだろうし他の人がどうかは知りません。
体験談を書く人も滅多にいないし。
(このエントリもいつ恥ずかしくなって削除するかわかりません)

ラベル:脳梗塞
posted by one-hand-engineer at 09:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
脳出血で右麻痺、40代前半♀のちょぱこと申します。
いいんじゃないですかね。
障がいがあっても、欲求?興味?はあるでしょうし。
NHKの“バリバラ”でもたまにやってますよ。
『恥ずかしくなって削除』なんてka-taさんらしくないですよ^^
初コメでいきなりごめんなさい。
Posted by ちょぱこ at 2013年06月24日 10:12
こういう話題って誰も書いてくれないんですよねー。

> 人によっては高次脳機能障害で抑制が効かなくなりエロ全開になってしまう…

これで強制退院になった方がいました。院内をうろついて患者や見舞客を問わずに抱きつくので病院としても手が打てなかったのでしょう。有る意味、病院も冷たいなと思いました。

私は2カ月ぶりの入浴(機械浴)で感じてしまい「ゴメン」と言った記憶があります。その一方でまだ身体は生きていると感じ嬉しかったです。
その後は恥も外聞も無いka-taさんと同じような入院生活を送りました。
考え方はka-taさんと同じです。
今は坊さんみたいな詰まんない生活を送っています。

ちょぱこさんのコメは独身の身体障害者と間違えています。一時期、身体障害者専用の風俗嬢が大きな話題になりました。


Posted by ぷうすけ at 2013年06月24日 12:37
>誰彼かまわずだきついて強制退院
うーん、脳機能障害じゃなくて”セクハラおやじ”もいるし、区別ができないから難しいですね…高次脳機能障害で強制退院はかわいそうだけど縛りつけるわけにもいかないし…
脳の障害は見た目ではわからないからほんと厄介です
私がこんなあけすけになったのも高次脳機能障害のせいかもしれないし…
Posted by ka-ta at 2013年06月24日 12:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック