2013年07月03日

片手でタッチタイピングの練習中

右手だけでキートップを見ないでキーボードを打てるよう右手の守備範囲を広げるべく右手のホームポジションを左に3つずらしたら(右手の人差し指をFに)間違える間違える…
もっと早くから練習しておけばよかった
キーボードを見ないと打てないのはかなり不便なんだよなぁ

少し慣れてきたけど http://www.e-typing.ne.jp/roma/check/ でD- 80WPM(ワード/分)ぐらいしかないなぁ ミスも多いし
両手だとどれくらいだったかなぁ 100WPMぐらいだったかなぁ
よく憶えてないや 自慢できるほど速くなかったのは憶えてるけど
ギネスの記録が216WPMだって?3倍速だなぁ
ラベル:リハビリ
posted by one-hand-engineer at 08:25| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
凄いですね^^
私は片手で親指一本なんで打つのに時間がかかります^^;
Posted by 脳梗塞リハビリ生活 ST用日記 at 2013年07月04日 01:08
左手の復活をあきらめるみたいで少し抵抗があったのですけど、右手だけで両手の7,8割ぐらいのスピードで打てればそれはそれで便利ですし
スピードもですけどtypoが多くてイヤになります
Posted by at 2013年07月04日 09:14
私も右手だけなのでシフトにお困っています昔の富士通のワープロ富士通の親指シフトのキーボードをクラウドファンディングで作れないかと考えてます
Posted by 岡野智也 at 2020年02月09日 12:46
SHIFTキーは左右にあるのであまり困ったことないですね…
Ctrlが左側にしかないのでCtrl+SHIFT+Delとかは困りますね

親指シフトは使ったことないのですけど、市販の https://www.yodobashi.com/community/product/100000001001624317/review.html
こういうのじゃ駄目ですか?
Posted by ka-ta at 2020年02月09日 13:09
ホームポジションずらしは結局あきらめました… 
いまだに目視しながら2,3本指でタイピングしてます。
Posted by ka-ta at 2020年06月03日 12:17
結局、タイピングしてる時間より文章やプログラム考えてる時間の方が圧倒的に長いので。
Posted by ka-ta at 2020年06月03日 12:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック