2014年05月29日

残業代ゼロ法案

いや、また経営者に都合のいい法案を作ろうとしてるねぇ…
経営者より労働者の方が数が多いから選挙にも不利だと思うけど頭が悪いのか裏で巨大な金が動いてるのか…
労働者の負担を増やして人件費を削っても長い目で見たらマイナスなのに…
一時的に企業の業績を好転させたいだけならいいけど長期的な成長には絶対につながらないと思う。
議論するだけ時間の無駄… 無駄無駄無駄無駄
”裁量労働制”とか”フレックス制”とか言いながら定時出社しろとか定時に出社してるるかどうかチェックするようなメンタリティの上司が幅を利かせてるうちは絶対無理。

”世界レベルの高度専門職”や”幹部候補”に限るって、この法案が通ったら世の中には高度専門職や幹部候補があふれかえることでしょう。社員全員幹部候補とか。笑えん。
成果に応じた報酬って成果を正しく評価する仕組みがあって初めて成り立つものだからこれはダメでしょう…
評価されない地味な仕事は誰もやらなくなるし。
よっぽど人から感謝されるやりがいがある仕事でもなければ正当な報酬がないと人は働かないと思う。ほんとに愚策。

”現在の労働時間制度は工場労働者を想定した仕組みでありホワイトカラーには適さない”というのはその通りだと思うけど、労働の成果を公正に評価する制度とセットじゃないと単に時間制をやめただけでは絶対無理。

これでまた労働者は団結しなきゃダメだと労働組合の力が盛り返してくることになるのか
ほっておくと労働者は搾取されるだけだから労働者の権利は強いぐらいで丁度いいのに…

ラベル:時事ネタ
posted by one-hand-engineer at 09:03| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まさに「ブラック企業合法化法案」ですねぇ。
「限定正社員」に続き、正社員に手を付け始めましたね。もう、人的コストを減らすところは無いないのかねぇ。
後は、いかに「厚生年金」、「社会保障」の徴収を増やすことと支払を少なくするか。ですかねぇ…。
Posted by さかどくん at 2014年05月29日 11:51
残業代削減を”成長策”とか言っちゃってるのがコーヒー鼻から吹いちゃいます。
人をリソースでなくコストと考えたら成長なんてできないですよ
社会保障の見直しも…できてないですねぇ… 
どちらか片方でもまともに対策できればいいんですけどねぇ…

Posted by ka-ta at 2014年05月29日 13:52
長時間労働で過労死した場合に、労災になり難いような気がしますねぇ。
正社員は高くつくから元を取ろうとする法案に思います。こき使ったほうが得になるような…。
Posted by さかどくん at 2014年05月29日 15:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック