2015年01月27日

個人事業か法人か

昨年個人事業として開業したわけですけど、最初はいきなり合同会社を設立することも考えてました。(現在の会社法だと”有限会社”というのはもう新しくは作れなくて”株式会社”より簡素なのは”合同会社”というものです。NPO法人は社員が10名いないとだめなので早々に除外)
20万円も払えば法人登記できるし会計ソフトを買えば確定申告ぐらい自分でできるだろうとなめて考えて。
でも早まらなくてよかった。
売上がほとんどないのに法人税の均等割の7万5千円を払ってたら大赤字でした。
社会保険料も社員が自分一人でも自分の負担分に加えて会社負担分を払わなきゃならないし。
法人化するメリットは”社長”と堂々と名乗れるぐらいの自己満足だったからほんとに早まらないでよかった。
まぁ個人事業にしても”無職"より世間体がいいから開業したようなもので、奥さんの厚生年金の3号被保険者になれなくて高い年金保険料を払わなきゃならないとかデメリットばかりですけど…
(ちなみに年金と健保と所得税で微妙に扶養の条件が違ったりしてました →年金は仕事をしてると扶養者(3号被保険者)にはなれないのに対して健保と所得税は仕事をしてても所得が少なければ扶養者になれるけど所得制限の条件が微妙に違ってたり)

所得税は330万円以下だと10%、330万円超695万円以下だと20%、695万円超900万円以下だと23%かかるのに対して法人税は800万円以下だと15%で、900万円を超えると所得税が33%(4000万を超えると40%!)かかるのに対して法人税は25%なので、所得が330万円を超えるなら法人化した方が税制上得なので年間の所得が330万円を超えるかが個人事業でいくか会社を起こすかの判断ポイントになりそうですね。(訂正:法人税の均等割の75000円と社会保険料の負担も考えると800万円が判断ポイントになりそうですね)
(年間の所得が800万円を超えるなら法人化、330万円以下なら個人事業、330-800万なら、近い将来800万を超える見込みがあるなら法人化、330万を下回る可能性もあるなら個人事業、わからないならまずは個人事業で様子見って感じですかね)
ラベル:起業
posted by one-hand-engineer at 09:18| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は休眠会社(有限会社)の役員(^^;)
今でも名前(肩書)は使っています。
法人でないと話も出来ないことがあったもので…。
Posted by さかどくん at 2015年01月27日 10:12
お久しぶりです。
私も19年間個人事業者でしたよ。
昨年ワケあって義理兄の会社に吸収合併されましたが、青色申告の届け出さえしていれば
(つまりしっかり収支をつけて確定申告で決算書を出す)
控除も受けられるし、法人でなければ取引してもらえない相手がいなければ、
おっしゃるとおり個人事業者の方が良いですね。
Posted by 麦茶 at 2015年01月30日 14:11
年間の所得が800万を超えるようだったら間違いなく法人の方がいいでしょうけど。
一生考えなくて済みそう。
Posted by ka-ta at 2015年01月30日 14:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック