2015年10月31日

「介護は家族で」は間違ってると思う

どうも今の政府は「介護は家族がやるべき」と考えてるように見えるけど間違ってると思うんだよねぇ…

・旦那一人の稼ぎでじいちゃんばあちゃん含めた2家族の家計を維持するのにまずムリがある
(奥さんも働かざるをえないので介護する人がいない)(介護離職で働き手が減って国はより貧しくなる)

・一人面倒見るのと二人面倒みるのとで労力や費用は倍にはならない。(ある程度までならまとめて面倒を見るほうが効率がいい)

・家族だと感情的になりやすい (いっそ他人が仕事として割りきってやる方が感情的な問題になりにくい)

などなど

でも、今やってる政策は介護報酬を引き下げたり真逆…
働けない子供や老人は働ける人全員で(社会で、税金で)面倒を見るのがスジだと思うんだけどねぇ…

「もし介護が必要になったらどこかの施設にいれて自分の生活を優先するように」と子供には言ってます。
で、どこかの施設に入れるのにはお金かかるから経済力が大事だから、ある程度お金が稼げるようにちゃんと勉強するか技を身につけるか体力つけるかしなさいと。
でも、寂しいからたまには会いに来てくれよ。
ラベル:政治
posted by one-hand-engineer at 18:28| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
元々、介護保険は核家族化が進んだの為に出来た制度。
国民年金も家族があっての制度。
もうムリです。
税金を上げるしかないないでしょう。。

スキルを付けるのも良いですが、選ばないといけないでしょうねぇ。好き嫌いでなくて。
私見ですが、ルール、パターンの仕事は危ないと思います。
これからは、機械がライバルですね。
生き残るには何でも出来ることが必要ですね。プロ並みに。
これからの若者は大変だと思います。。
Posted by さかどくん at 2015年11月01日 09:07
介護をする人をサポートする人が大切と思いました。
10年前に母が倒れた時、半年間実家と病院に通い続けて、私が倒れました。
それから、親子兄妹関係がすべて変わってしまって。
当時自分は本当はどうしたら良かったのか、
今でも考えます。
Posted by ギンコ。 at 2015年11月22日 20:58
今日も介護疲れで川で無理心中のニュースが流れてました。
家族での介護は限界があるし、経済的な余裕の違いでも大違いですね…
これからも状況は悪くなる一方でしょうね… 
奇策はないから経済対策、少子化対策、介護報酬の改善等で地道に対策していかないとダメだと思います。
Posted by ka-ta at 2015年11月23日 11:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック