2016年01月05日

「ありうります」は正しいの?

あるTV番組であるタレントさんが「ありうるということですね?」と質問されて「ありうります」と答えてて、そこは「ありえます」だろうと激しく違和感を感じたのですけど「ありえる」と「ありうる」は文法的にどう違うのかと聞かれても説明できないことに気づきました。(細かいことが気になってしまう僕の悪いクセです)

ちょっとググッて見ると、”文語の「ありうる」の口語形が「ありえる」”というものと”文語の「ありう」の連体形を終止に使ったもの”と辞書によっても解釈が違うようです。
厚切りジェイソンじゃなくても「Why Japanese people?」と言いたくなるところ。

今のところ「ありえます」が正しいけど「ありうります」を使う人が増えれば、そのうち「ありうります」も正しくなるのかもしれませんね。

このTV番組の例だと最初に「ありうるということですね?」と聞いたアナウンサーの方が「文語形」を口語で使ったのが間違いで、タレントさんの方がそれに引きずられてしまったということでアナウンサーの方が間違っていたとも言えるのかもしれません。


posted by one-hand-engineer at 08:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
意味は解かるから良いのではないのですかねー。
いずれ、国‐国辞典が必要になるかも知れませんねー(^^)
Posted by さかどくん at 2016年01月06日 06:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック