2016年03月11日

あれから5年 ka-ta回想

5年前の3月11日は退院して1年経つ前でまだ家で休職中でした。
地震直後に近所の人がわざわざピンポンして「大丈夫ですか?」と声かけてくれて、よいご近所さんを持ったものだと思ったのを憶えてます。
都会ほど無関心でなく、田舎ほど煩わしくもなく、ちょうどいい距離感で住みやすいところです。

で、よくある程度の地震と思ってたら、ニュースが入る度にどんどんひどさがわかってきて。
そして、原発の事故。

当時の原発の状況が最近になってようやく本当っぽいことが報道されるようになってきて、もっとまじめに避難の計画を立てておくべきだったと反省してます。
当時今あるような情報が入手出来ていたら、子供だけでも西日本に疎開させることを真剣に検討してたんじゃないかな… 結果的に今の状態だったら実行はしてないだろうけど。
当時は国(やマスコミの)発表は「重大な事故ではない」という大本営発表ばかりで、民間の情報は原子爆発しただのメルトダウンして地下で再臨界してるなどのデマばかりだし、正しい情報がないと正しい判断は絶対にできません。
そういった意味で国や東電の情報隠蔽には本当に腹が立つ。

しかし、自分のことを考えると当時は5年もすれば後遺症ももっとよくなると思ってたのだけど、5年前より悪くなるとは思わなかった。
被災地の建物とかはきれいに直ってたりするのに、人間の身体は簡単に直るものではありませんな…

5年の間に会社の環境も激変して、当時つきあいのあった会社は軒並み経営不振だの事業再編で売られてしまったり、何より自分が会社を辞めざるをえなくなったり、大きな変化がありました…

さて、5年後はどうなってるかな。
ラベル:時事ネタ
posted by one-hand-engineer at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック