2017年05月01日

「スターウォーズ ローグワン」

GW恒例の映画大会
おなじみのキャラもあまりでないし、とあまり期待してなかったら面白いじゃん。
エピソード4の直前の話だけど、ずっと疑問に思ってたデススターが爆弾一発で爆発しちゃうなんてちょっと脆弱すぎない?とか、設計図なんてどうやって盗み出したの?とかがすっきり解決。
ネタバレになるかもしれないけど最後にちょっとレイア姫(当然若い頃の)が出てきてどうやって撮ったんだろうと思ったら、似てる女優さんをCGで加工してるらしい。
キャリフィッシャー亡くなっちゃったけど、この技術あればエピソード8,9とかでも登場可能だな。
「アバター」を見たときにも思ったのだけど、モーションキャプチャーとCGでそのうち俳優なんていらなくなるかもね。
ラベル:TV/映画
posted by one-hand-engineer at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック