2018年02月08日

「スタートレック ディスカバリー」

これTNGよりいい。(個人の感想です)
しかし50年前のTOSと比べると隔世の感があるな。
今TOS見るとセットの安っぽさが半端ない…(個人の感想です)
ちなみに「ディスカバリー」シリーズの略称は「DSC」らしい。

VFXが雲泥の差とか以外にも、昔はお飾りだった女性が艦長、副長として本当に活躍してるとか、男性の同性愛者がいたり、いかにも宇宙人のクルーがいたり、いろいろ違いを感じるとこがあるけど、ちょっと寂しかったのが日本の存在感の低下。 
USSシンジョウ(シェンジョウ)という名前の宇宙船が出てきて「新庄」かと思ったら「神舟」だったり、艦長が中国系だったり… 
昔はジョージ・タケイとかコバヤシ丸だったのに、今は存在感が完全に中国に抜かれてるんだなと実感してちょっと寂しくなりました。

ちょっとわからなかったのが胞子ドライブ(spore drive)
原理がよくわからないしクマムシとの関係とかSFのSの部分がいまいちしっくりこない…
ワープとどう違うの?とか。(ワープは高速移動で胞子ドライブは瞬間移動という違いのようだが オーバーテクノロジー過ぎてなぁ…)

病気になる前に最後に見た映画が2009年のスタートレックだったり、中学生の頃スタートレックのゲームにあこがれてパソコン(当時は”マイコン”と呼ばれてた)にはまったり、高校生の頃英語わからないのにアメリカでTVシリーズを見てたり、いろいろ思い入れのあるスタートレックなのでした。
'Live long and prosper'
ラベル:TV/映画
posted by one-hand-engineer at 12:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: