2018年05月08日

「the 100」

今お気に入りの海外ドラマ。
https://warnerbros.co.jp/tv/the-100/
 
地上で核戦争が起きて、宇宙に取り残された人類が宇宙ステーションのリソースが尽きそうになって100人の犯罪者を試しに地上に戻してみたら地上にも生き残ってる人類がいて争ったり協力したりいろいろ起きるお話。

放射能で汚染されてるはずなのに、宇宙で生活してた人は宇宙線にさらされてたから耐性ができてて大丈夫だとか、宇宙ステーションやミサイルで地上に無事到着したり(再突入で燃え尽きないのはいいとして、地上に激突する衝撃がなんで大丈夫なのかとか、100名の食糧確保どうやってるんだ?とかSF考証的には無理矛盾がいたるとこに見られるのだけど、なぜかそんなに気にならずに見てられる…
ただ登場人物のキャラクターがコロッと変わるのにはかなり違和感を感じる。
人道派だったジャハがシーズン2でガラッと変わっちゃったり、フィンやベラミーもいい人だったり悪い人だったり、ラブラブだったカップルの片方が死ぬとすぐ次の人とラブラブになったり…
キャラがぶれぶれ。まぁ、シーズンごとのストーリーの都合で仕方ないけど…
どれだけ変わるかというと、マイケル・サンデルの究極の選択の列車の問題(1人殺すと5人助かる時に1人を殺すのは正しいかどうか、というやつ)に最初は殺さないと言ってた人がコロッと変わってあっさり1人殺しちゃって平気な人になる、みたいな。
随所に無理矛盾が見られるけど、次どうなるんだろうとつい見続けてしまう。
シーズン4で終わりだと思って見てたら、最後に「え!?」というのが出てきて、シーズン5が5/8から配信になるらしい。 また見ちゃうじゃんかよー。
ラベル:TV/映画
posted by one-hand-engineer at 15:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: