2018年08月08日

五輪の暑さ対策にサマータイム?

私は元々サマータイム自体に反対なのだけど、五輪までに導入とか「ぼーっと生きてんじゃねえよ!」って感じ。いかにも老害が考えそうな単なる思いつき。
まぁ、検討するだけなら別にいいけど、対応にどれだけ費用や時間がかかってどれだけ効果が見込めるかしっかりと検証して決めて下さい。
Y2Kの時どころじゃないシステム変更と検証が必要で、対応不可能とかスケジュールが間に合わないシステムが出てきたりして大混乱になるのは検討する前から明らかなので。
今サマータイムを実施してる国で導入によって消費電力が減ったとか経済効果があったとかいう明らかなデータはないというし。
時計の方をいじらないでも、労基法とかの改正で就業時間を読み替えるだけで対応できないのかな…

追記:
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3390420007082018PP8000/
しかも2時間進めるって!?

今コンピュータとかで使ってるRTC(Real Time Clock = 時計/カレンダーのIC)ってDaylight Saving Time bitの設定で簡単に1時間ずらすサマータイムの設定ができるのだけど、2時間なんて標準じゃないことやろうなんて無理無理。(OSもね)5秒で却下。検討するとしても無駄な検討はやめて1時間で。
posted by one-hand-engineer at 12:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: