2018年08月31日

障がい者雇用水増しの件

国の機関の8割で水増しをやってて正しく計算すると雇用率は激減するとか…

国の機関が率先してやってる姿勢を一般企業に示す意味では水増しも悪いばかりでもないけど、やっぱり本当に障害者雇用を促進して見本にならないとダメでしょう…
ま、やってるだろうな、とあんまり驚きもないけど、やっぱり”正直、公正”が大事ですな。

とはいっても、障がいがない健康な人でも非正規雇用ばかりのこのご時世で就業にいろいろな制限もある障がい者の雇用を増やせと数値目標だけ高くしても無理。
障害者の雇用が増えるより納付金を払う企業が増えるだけでしょう。

「みなし雇用」といって、社会福祉法人などが運営する就労継続支援型の事業所に企業が業務を発注すれば、その発注量に応じて企業の障がい者雇用率にカウントできるという考え方があるらしいけど、こういうのと合わせて、(助成金に頼らず本業で経営が成り立つ本物の)就労継続支援の事業所を増やして障がいに応じた働き方ができる場所を増やしていくのがいいんじゃないかと思います。
ラベル:障がい者
posted by one-hand-engineer at 19:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: