2020年04月17日

新型コロナに思うこと…

素人考えは不正確だしなるべく書かないようにしてたけど、一番の関心事だし、「新型コロナ、どう思う?」と聞かれることもあったので、個人的に思ってることをつらつらと書いてみます。
(あ、でも”PCR検査”って言葉がこんなにメジャーになる前に調べたことあるぐらいには先行してました。偶然)

原発事故のあとの放射能騒動のときもそうだったけど、目に見えないものってみんな怖いでしょうけど、人によって感度が違うようなのが難しいですな。
軽く見てる人と重く見てる人が交わると軋轢が生まれる。
デマも多いです。明らかに嘘とわかるものから、ちょっと騙されそうなものまで。
詐欺も多そう。
そして、未だにクレジットカードの不正利用の調査結果の報告がないぐらい業務は滞っていそうで、たぶん詐欺師はここぞとばかり狙っていることでしょう。気をつけないと。

私も2月ぐらいまでは「コロナウィルスなんてただの風邪でしょう。 新型で誰も免疫持ってなきゃそりゃ流行るし症状も重くなるわ」と割と軽く見てたのですが、状況がわかるにつれて普通のコロナよりタチが悪くて重篤になる割合が高いヤバイやつ、という認識になりました。

で、今思ってること

・ワクチンは作るの難しいんじゃないかな 既に少なくとも3タイプはあるみたいだし、今も変異してるみたいだし、コロナが原因なことが多い風邪のワクチンなんて今までできてないし。
でもインフルもいろんなタイプあるけど特定のタイプだけでもないよりマシなのか…
安全性にも不安があるけど… HPVワクチンの副作用の話って結局どうなったんだっけ?
どっちにしても治験とかやってたら急いでも半年から1年はかかると思うけど

・治療薬は「アビガン」や「レムデシビル」は強すぎてあまり広くは使えないと思うけど(短期間の投与なら問題ないか)、そのうち適当な抗ウィルス薬が見つかることを期待。全世界で高い優先度でやってるだろうけど、これも臨床試験含めると実用化まで最低半年から1年ぐらいかな

・暖かくなれば終息する、ことはないでしょう。いま夏の南半球でも流行ってるのだから。
でも梅雨の高湿度で少しマシになるかもとはちょっと期待。(湿度の高い地域で感染者数が少ないように見えるので)

・いつ終息するか? は専門家でもわからんでしょう。 スペイン風邪のときは2年かかったみたいだから、それぐらいか、医療が少し発達してるからもう少し短くなるか…
運良く1年で終息したとしても五輪で海外から人がたくさんきたら再流行だろうなぁ…

・日本株のBCG打ってれば重篤にならない、というのはまだ検証が必要でしょう。 
相関関係はあるようだけど因果関係はわからないので。

・このウィルスは人為的に作られた。という陰謀論はいつもなら無視なのだけど、Natureが2017年の時点でこんな記事→ https://www.nature.com/news/inside-the-chinese-lab-poised-to-study-world-s-most-dangerous-pathogens-1.21487?fbclid=IwAR2C7ACKty5vH-zMn9Pwe2o7q1N9jRIoKwtmGkV55pnbn8DaKdF4-7VviEA
を書いてるぐらいで全く根も葉もない陰謀論でもなくて検証はいるかな、と。
中国の武漢の近くの研究所(2カ所あるらしい)から関連しているコロナウイルスの研究に関する論文が出ていたという説もあるし。
動物(コウモリ?)で変異して自然発生の方が可能性は高いとは思うけど。

・食料自給率だけでなく、医療品の自給率も気にしてないと駄目ね。

・2月ぐらいの時点で株も投信も全部売って現金化しようと思って結局面倒だからやらずにほっておいたのだけど、損益の点で考えるとやっぱ全部売ってノーポジにしておくべきでした。今でもいいんだけどね。まぁ、面倒だからやらないけど…
今参入しようとしてる人もいるみたいだけど、今は難しいので、素人はやめといた方がいいですぜ。

・自粛は長くて3ヶ月ぐらいが限度じゃないかな… それ以上だと潰れる企業、生活できなくなる人続出で、補償があれば延ばせるだろうけど今の政府にあまり期待はできないし…

今できるのは医療崩壊しないようになるべく人との接触を避けて手洗いしっかりして感染者数を抑えて時間をかせいでワクチンと治療法が見つかるのに期待するしかないでしょう…
それでも経済は1929年の世界恐慌レベルでガタガタになるでしょうねぇ…

しかし、半世紀以上生きてきたけど最後の方で世界史レベルの出来事が2つも起きるとはねぇ… 自分はさらに脳卒中まであって

我が家も誰か風邪引くと家族全員に伝染ってたし、誰かがウィルスもらってきたらアウトだな…
今まで平和に暮らしてきたのに…
posted by one-hand-engineer at 09:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: