2022年07月25日

保険の見直し

今年の課題の1つなのだけど、中間報告。
今入っている生命保険があとちょっとで毎月の支払額が大幅に上がるので見直そうという件。
子供も無事社会人になって生命保険なんてなくてもいいぐらいなので死亡保障は最低限にして医療保障だけでよくなったし。

まず、TVでよく宣伝しているライフネット生命。
Webで見積もると確かに今入っている大手の生命保険会社に比べるとものすごく安くなるのだけど、条件をよく比較してみると現在の保険は65才で支払い満了で医療特約は終身で残るのだけど、ライフネット生命は安いけど終身払い。損益分岐点は70代後半ぐらいで死ぬ時期としては微妙なところ。
試しに65才支払い満了で比較してみると月2千円ぐらいの差しかない。
65才以降の固定費の支出はできるだけおさえたい、のと今の生命保険は前回の脳卒中の入院時に支払い渋りもなく2回の手術と入院保障の保険金も全額すんなり降りたし、保険のおばちゃんは病院まで来てくれるし、もう20年来のお付き合いなので月2千円ぐらいの差なら実績と手続きの作業量を考えるとわざわざ変えることもないか、という感じ。

他には、ネットの生命保険としてオリックス生命とメディキュア生命で見積もってみたけど、ほぼライフネット生命と同額。条件は微妙に違うので全く同じ条件で保険料を比較するのは無理だったけど、たいした差はないな、という感じ。 
ちなみに都民共済は「身体に残る障害や先天性の病気により、日常生活において他人の手助けを必要とする状態である」と加入できないので要支援認定を受けていると引っかかる可能性があるので安そうだったけど検討から外しました。
他の保険会社は告知義務はあるけど、健康診断書の提出でなんとかなりそうな感じ、だったけど、これもやってみないとわからないのも変更しない大きな理由の一つ。

おまけ
よくCMとかでWebとかで無料で保険を見直しますとか言ってる「保険見直しなんちゃら」とかいうサービスを見かけるけど、あれは別に親切でやってくれてるわけでなく保険会社からキックバックとかアフィリエイトとかもらって自分の儲けとしているので、客のことを考えて勧めているわけでなく自分の儲けが大きいところを優先して勧めてくるだけなので、本当に見直したいならそんなところは使わない方がいいです。

自分なら何社か(あまり多いと面倒なのでトップ3社ぐらい)に見積もりをもらって決めます。
人間の営業に頼むと口がうまいやつが多いのと義理人情が湧いてしまうのでドライに見積もりだけもらって。
まぁ、結局義理人情が大きな要素で決めたけどw
posted by one-hand-engineer at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック