2022年10月12日

お金は大事だよ

戯れにFP3級の過去問を解いてみたら、6割で合格のところ、ちょうど6割という結果…
まぁ、自分と関係のある年金とか保険とか税金とか投資とかしか勉強してないし、それもWebでちょこちょこ調べてるだけでFP取るための勉強したわけでもなく出題範囲も知らないで、ぶっつけでやったからこんなもんでしょう、と思いつつ内心もう少し点とれるんじゃないかと舐めていたのでちょっとくやしい…
結構知らないことも多いし”以上”と”未満”の微妙なひっかけとかあるし、3級だからと何も対策せずに舐めてかかるとしっかり落ちそう。ただでさえ記憶力落ちているのに…
FP3級のテキストがたまたまタダで手に入ったのでちょこっと勉強中。

まぁ、別に資格が取りたいわけでなく、年金とか税金とか全く勉強してこなかったので、FP3級ぐらいの知識は持っておいた方がいいな、という程度の動機だったのだけど、FP3級ぐらいの知識は大学とか入社1,2年目ぐらいの時に持っておくべきだなと強く思いました。
子供らはしっかり社会人一年目からiDeCoと積立NISAやってて、今どきの若い子は違うかもしれないけれど。

自分が若い頃はお金関係の話とか全く興味なくて、財形貯蓄と定期預金をしてるだけで運用とか全く考えてなかったから、若いうちから長期で運用してたらもうちょっといろいろできてたのにな、と思う一方、仕事に専念してたのも悪くはなかったかな、とも思ったり。

最近の物価高や円高や世界的なリセッションの兆候とか見てて、さてどうしたものかな、と思うのですが、日経225の投信は数年前にほぼピークで売っぱらい、S&P500も完全に下降トレンドで全部利確しておこうかな、と思う一方で、売り払っても日本円を買うようなもので円安で経済成長も期待できない日本円に替えるのもあまり意味ないし、かといって他に投資するよさそうなものもないし、結局、積立てはドルコスト平均法を信じて粛々と続けて10年後ぐらいには上向きに転換してることを期待して何もしないでおくことにしています。
個別株はここ数年全く自分ルールの買いシグナルが出ないので買ってないし、いつかの上向き転換を願いつつどんどん目減りしていく含み益を眺める毎日です。(あまり気分はよくない)
最初の4年で5倍ぐらいに増えて楽勝かと思ったらそれ以降全然増えないんだよなぁ…

半年後に日銀総裁が変わった時には、さすがに日本だけ金融緩和続けるわけにもいかず円高方向に反転するんじゃないかと予想しつつ、でもまた外すんだろうな、と思ってもいたり…
まぁ、10年後にプラスになっていればいいのだけど大規模なリセッションがいつくるかわからないし、回復するのに何年かかるかわからないし、考えるだけ無駄な気もするので基本的には何もしないでアプリのメンテだけして次回作をどうするか考えているだけの方針です。
ここんとこプロトタイプを作ってみる気にもならないつまらないボツネタしか思いつかないのだよな…(それか、サーバーが必要でコストがかかって手に余るものか…)

しかし、日本の経済政策って全く硬直してると言うか、間違っていそうだったら方針転換という”仮説ー検証”モデルになっていないよなぁ… 
マイナス金利まで金融緩和してもデフレ脱却できないのはすでに見えているのに次の手を打たないし… 
まぁ、ウクライナ問題までは読めなかったのは仕方ないとは思うけど。

(会社を退職してからお金の勉強もしなきゃと株やらFXやら試してみたのは下のラベルから)
ラベル:お金の話 FX
posted by one-hand-engineer at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック