2023年07月19日

人生のプロローグ? エピローグ?

前立腺がんだった三谷幸喜さんが、CMで「人生、物語でいうとまだプロローグ」と言っているのを見てた娘から「まだプロローグ?」と聞かれて、「いや、もうエピローグ」「前にも言ったけど、気持ち的には”アディショナルタイム”と思ってる」と回答。

別に、人生終わったとかは思ってないけど、実際やりたいことが何でもできる健康な身体ではないし、入院してた頃に残りの人生はアディショナルタイムと思ってしっくりきてしまったから。

もう、”残りの時間はやりたいことをやって、ざっくばらんに生きて、色々なものに執着せずに、静かに枯れて消え去って行こう”ぐらいにしか考えてないですわ。

三谷幸喜さんちはまだ小さい子がいるけど、うちは子供は成人して社会人として立派に働いてるし。
奥さんには定年後に旅行とか食べ歩きとかできなくなって申し訳ないけど。
まぁ、まだ何かあったりしたら一緒に考えるぐらいはできるから、死ぬまではなるべく元気に生きるようにするよ。

同じ年の同級生が「もっと色んな人達と関わって、もっと学んでアウトプットしたい」とか言っているのを聞いて立派だなぁ、と感心するばかり… 
まぁ、元々自分は志が低いからなぁ…
「好きな人とだけ関わって、興味あることだけインプットして、できれば多少はアウトプットして、それが何らかの形で誰かの役に立てれば本望」ぐらいの気持ちです
posted by one-hand-engineer at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック