2017年09月21日

ドラクエ11 終わった【多少ネタバレ】

裏ボスをLv71で撃破して2017年夏の闘いは終わりました…
最後の方は修行僧のようにネルセンの試練でレベル上げしたり、ひたすら鍛冶で強い防具やアクセサリを作ったり、足りない材料を探し(モンスターから盗み)に行ったり…
でも、11は裏ボスまで倒さないと真のエンディングとは言えないような感じ。
クリア後のおまけというより、本当のストーリーが長すぎるから途中で無理やり終わらせたように感じるぐらいムービーまでしっかりと作り込まれてる。

結局、片手でできなかったのは「馬レース」だけでした。左スティックと右ボタンで”ブレーキ”がいるから片手だと難しい。RPGにリアルタイム操作の要素を入れるのはやめてほしい。
あとは、PS4だと本体の”アクセシビリティ”のメニューでボタンの入れ替えもできるから何とでもなりそう。

以下、細かい話。

結局、カミュは”ぬすむ”で鍛冶の材料集めと、”会心必中”でメタル系の経験値稼ぎと、ボス戦で”ぶんしん”後の”会心必中”を当てる専門の捨て駒扱い。
セーニャが回復と”スクルト”等の補助魔法、ベロニカがひたすら”イオグランテ”や”メラガイヤー”連発、戦士は”渾身斬り”連発、勇者は”覇王斬””ギガブレイク”連発のレギュラーメンバーに。

ただ裏ボス戦はレギュラーメンバーが3人死んで、サブメンバーだと刃が立たず、ほぼ全滅しかけたところで”メガザル”でレギュラー全員蘇生させてようやく勝ったという苦しさ。
Lv65ぐらいあれば装備と運次第で勝てそうだけど、Lv70でも余裕で負けるくらい強い。
”眠る”や”マヒ”ならまだ回復魔法は効くけど、”時が止まった”とか言われて回復も効かないような状態異常はドラクエ史上初ではないかな??みんなオレンジ色になってるのに「ベホマラー」効かないよーと、あれにはあせった。
posted by one-hand-engineer at 15:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

初めての訪問歯科

麻痺側の歯がうまくみがけない(歯ブラシが当たってる強さがよくわからないから強すぎて血が出たりみがけてなかったり)で、歯石がたまってる、というのと、健側の歯のすり減り(知覚過敏)も気になるので歯医者に行きたかったのだけど、今は歯医者行くのも難儀だし(予約の日に雨でも降ったら濡れるし、歯医者でスリッパに履き替えて長時間待って、というのがかなり無理がある)ケアマネさんに訪問歯科のことを聞いてみたらパンフレットをくれた。
訪問歯科.png

早速電話してみたら、折り返し担当の歯医者から日程調整の電話が来て、訪問日時を決めて1週間後ぐらいに歯医者と助手が二人家まで来てくれた。
健康保険が使えるので普通の歯医者に行くのと同じ1割負担だし(要介護認定を受けてると介護保険からも補助が出るらしい)歯石掃除だけなら自己負担は千円ちょっとだったし、自宅で診てもらえるのはほんとに便利。

ハンディなX線装置とかドリルとかもあるようで、簡単な虫歯治療ぐらいならできるそう。
唯一の難点が、ダイニングテーブルの普段食事するときに使ってる椅子で診てもらったのだけど、頭の固定ができなくてつらいのと、背もたれが木なので長時間だと痛いこと… 
ヘッドレストのあるリクライニングシートが自宅にあれば完璧なのだけど。(歯医者の椅子の出来の良さを思い知りました)

良かったのが、医者も助手も片麻痺とか嚥下障害に詳しくて(たぶん脳卒中の人に相当慣れてる)普通の歯医者だと説明してもよくわかってもらえないところを、ちょっと話しただけわかってくれるところ。
とても良かったので定期的に来てもらうことにしました。
外出に支障があって歯に問題がある人にはオススメです。
ラベル:障がい者
posted by one-hand-engineer at 12:07| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

右手だけでドラクエ11はクリアできるか?

できます。
60時間かけてLV51でクリアしました。

コントローラは床置きで、親指で左スティックと上下左右ボタン、人指し指で右スティック、中指で◯✕△□ボタンを操作して。
IMG_2094.JPG
左スティック(方向)とR2(上下やジャンプ)の同時押しがちょっと難しいけど、アクションゲームじゃないので親指でスティック、中指でR2ボタンでなんとかなりました。
(右手だけでどうやって右手の写真を撮ってるかというと、NDscannerHDというモーションでシャッターが切れるアプリを使ってます。こりゃ便利だ(ステマ))

左手だけだと左スティックとR2ボタンの同時押しがちょっとつらいかな… 
ボタンのカスタマイズができるようにしてくれればいいのに。> SONYの人
(追記:「設定」→「アクセシビリティ」→「ボタンの割当」でできる > SONYの人ごめんなさい)

まぁ、片手で反応速度や記憶力落ちてても楽しめました。
しかし、ドラクエ3とかの時代に比べると親切になったものだ。
次にどこ行けばいいか教えてくれるし、ダンジョンは地図が表示されるし、一度ボス前まで行くとショートカットができて次から入り口から近道できたり。
以前と変わったな、と思ったのがダンジョン内や室内でもルーラができること。
昔は一度リレミトで外に出ないとルーラできなかったのに、一手間減った。

しかし、クリア後も裏ボスがいて話は続くようで、クリア後の話を見ないとわからない話もあったり(時々マップ上を歩いてる青くて透明な謎のキャラクターがいるけど、クリアしても何の説明もでてこない)まだ遊べそう
どちらかというと、話の途中で無理やり一度エンディングを作ったような感じ。
posted by one-hand-engineer at 17:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

ネコとひなたぼっこ

IMG_2096.JPG
急に涼しくなってベンチでゆっくりできるようになりました。
蚊がいないのがとにかくうれしい。
ラベル:
posted by one-hand-engineer at 13:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

冒険中につき

ブログの更新が滞ってます。

コントローラを地面に置いて、親指で左スティックと方向ボタン、人差し指で右スティック、中指で◯☓△□ボタン、たまにL2ボタンが勝手に押されてしまって「ぴょーん」とジャンプしてしまうのはご愛嬌で片手でなんとか操作してます。
1台のPS4で3人でやってるからはかどらないことこの上ない。
年取ったせいかカタカナの場所の名前や人名を憶えられなくて、場所も行きたい場所への行き方がすぐわからなくなるし。
クリアまでまだまだかかりそう。
DQ10はやらなかったから、いろいろと懐かしい。
posted by one-hand-engineer at 11:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

ボンバイエの意味

家の人から、「ヘリオスの語源って何?」とか「面舵ってどっち?語源は何?」とかわからないことがあるとすぐしょっちゅう聞かれるのですけど、当然答えられないこともあります。

この前わからなかったのが「ボンバイエって何?」って質問。
スペイン語で「闘魂」って意味かなぁ…とか漠然と思ってたのだけど全然違いました。
元はコンゴ民主共和国のことばで「Boma Ye(ボマ イェ)=奴を殺せ」という意味だそうです。
もともとはモハメド・アリのテーマ曲だったのが猪木vsアリの異種格闘技戦の後、アリが猪木の健闘を称えて自分のテーマ曲を猪木に贈って「イノキ、バンバイエ!」 という猪木のテーマ曲になったそう。

さて、この知識はたして今後使うことはあるのだろうか…
posted by one-hand-engineer at 12:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

PS4とDQ11

スクリーンショット 2017-08-09 9.24.14.png

ドラクエ11をやるためにPS4を購入。

ドラクエは10以外は全部やってるので、発売日に買うほどの情熱はもう無いけど、PS3も埃たまってるせいか夏場はファンが高速回転でうるさいし、もう10年も使ってるので買い替えてもいいかな、と。
PSは左手使えなくなってからゲーム機としては使ってなくて、ほぼHuluとYouTubeを大画面で見る専用機になってるけど…

PS4、写真見て思ってたよりずいぶん小さい。USBのケーブルを挿す時本体が軽すぎて挿しにくいぐらい。

あまり下調べもせずに買ったのだけど(1000と2000と7000で何が違うのかと、月額課金しなくてもネットにつながるのだけは確認して(もうLittleBig Planetも片手じゃ出来ないしオンラインゲームをすることないだろうなぁ… どこの国かもわからない人とボイスチャットしながらプレイというのも面白い体験だったけど)

PS3からの違いで買ってから判明したのが、ウォレットのチャージがEDYでできないこと。
10年前はSONYもFelicaの普及のために力入れてたのに10年で変わってしまったなぁ…
まぁ、カードでもできるしクレカでもチャージできるからいいけど。

1番感心したのがリモートプレイのできの良さ。
Mac用とWindows用のクライアントがあって、PC/MacのUSBにコントローラを挿すだけでPC/Macの画面でゲームができる。
家のTVを専有してしまうとTV見る時間とゲームする時間がかぶらないように調整するのが難しくて家族の(というか主に奥さんの)不評を買ってたのが解決。

リモートプレイといっても、WindowsのリモートデスクトップとかVNCみたいに画面を飛ばすだけで遅くて使い物にならないかと思ったら、PS4のはおそらく画面ではなく描画APIのレベルで飛ばしてるのでしょうなぁ、画面描画のラグもほとんどなく快適にプレイできます。完成度が高くて感心した。

ちょっと困ったのが、久しぶりにMacのDLNAサーバのPS3 Media Playerを立ち上げてみたら古いJAVAのランタイムを要求してきて動かないこと。超久しぶりに立ち上げたからなぁ… 代わりのソフトを探したらKodiというのがあってPS4でも見られたので解決。
ということでPS3がうるさいの我慢してないで早めにPS4に買い換えておけばよかった。

ただ、年齢のせいかゲームを長時間やる気力というか体力というか根気がない。
学生の頃はドラクエなんてほぼ徹夜でやってたけど。
目が疲れるとか脳が疲れるのもあるけど、あまりゲームする気が起きない… 最後までできるかなぁ…

ドラクエ8,9の頃はまだ小さくて私がやってるのを横から見て楽しんでた子供が自分でやってて、しかも攻略動画とか見てるから私よりも詳しくて、視力も反射神経もいいから私よりも上手くて、ああドラクエといっしょに年を取ったなぁ…としみじみ感じました。
高校生の頃、家族が寝静まる夜中にやってたのが懐かしい。
あの頃はネットの攻略サイトなんてないから攻略本を買ってたなぁ…
ドット絵が今や3Dですよ。でも3Dの移動が難しくて昔の2次元のマップが懐かしい。

追記:片手で遊ぶのはちょっと厳しいです。 あとちょっと考慮するだけでいいのに…
方向スティックとジャンプキーの同時押しは片手操作には厳しいです(キーの同時押しは両手じゃないと難しい)
上へ行くのに、はしごや木のつるは”!”マークが出てボタン押しでいいので片手でも簡単にできるのに、ジャンプするには方向キーとジャンプボタンの同時押しじゃないとダメというのは考慮不足、あとアイテムの選択とかはキーで移動はスティックというのも、スティックで選択(カーソルの移動)もできるようにするだけでいいのに…
ちょっとユニバーサルデザインの考慮が足りないですね 残念 片手でちょっとプレイしてみるだけでいいのに 聴覚の障がいには今までのところプレイに支障はないですね
スクエニの人もう少し頑張りましょう
posted by one-hand-engineer at 10:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

障がい者と基本的人権、からの「人間の定義」って何?

「やまゆり園」の事件のことを考えてて思ったことなんですけど、
障がい者も人間なので基本的人権を持っている、ということに正面から反対する人はまずいないと思います。
では、人間の定義って何だろう、と考えてみたら意外と難しいのですよね。これが。

「人間の形状をしてる」だと、手足がない人もいるから当然ダメ。

「知能を持ってる」だと知的障害者はどうするとか、AIはどうするって話になってしまう。
(上記の2つは障がい者は人間じゃないとなってしまって絶対ダメな定義ですな)

「人間の遺伝子を持ってる」だと、遺伝子が欠けてる人とか遺伝子病の人は何%一致すればいいのかとか、ロボットの一部に人間の皮膚でも貼ったら人間のDNAを持ってると言い張れないこともないし。

「両親が人間である」だと、親が人間であることの証明に人間の定義が必要な循環定義になってしまう。

単純に出生届が受け付けられていればいいか、と思ったら出生届の出生証明書ってほとんど自己申告で、出生した場所や子の体重、母の氏名などを書いて「1.医師、2.助産師、3.その他」の誰かが署名するだけでいいみたいで簡単すぎてダメですね。 その他、だといろいろ聞かれそうだけど、医師か助産師に協力してもらえば何でも受け付けてもらえそうな感じで。

さて、人間の定義って何なんでしょうね。
ラベル:障がい者
posted by one-hand-engineer at 11:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

障がい者は謙虚にしているべきか

自分が障がい者になってみて初めてエレベーターとか手すりとか、ここ数十年でバリアフリー化が進んでることに感謝しました。
自分が子供だった頃はもっともっと不便でした。
これも障がい者の人やそれを支援する人が声を上げ続けてきたおかげでしょうね。
文句も言わず黙って我慢する人ばかりだったら何も改善されてなかったでしょう。
障がい者なんて少数派で立場も弱いから、その声なんて容易にかき消されてしまう。
正当な主張であれば黙ってないで大声で主張すべきだと思います。(権利ばかり主張するのは違うと思いますし感謝の気持ちも忘れてはいけないとは思いますけど)

障がい者に便利なものは高齢者にも便利なことが多いです。
そして誰もが年をとり、高齢化社会はすぐそこまできています。

ラベル:障がい者
posted by one-hand-engineer at 17:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

回復期リハビリとお金

「脳梗塞は早期治療が命だが、金はどうする?」
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/16/051000048/072000004/?P=1
という記事を読んで、いろいろ思い出しました。

脳卒中で倒れるまで知らなかったのですが(知ってる人のほうが少ないと思いますけど)脳卒中で倒れると、まずは”急性期病院”に運び込まれるのですけど、1ヶ月ぐらいで”回復期病院”に転院しないといけない仕組みになってるみたいです。(診療報酬の関係か、ベッド数や人的リソースの関係か、ま、両方でしょうね)
回復期病院に入院しても、ここも半年を過ぎると退院して自宅に帰るか維持期リハビリ病院や特別養護老人ホームなどの施設に移るようにせまられます。

私もまずは急性期病院のICUに入院して、生きるか死ぬかの状態を脱して安定してきたので1ヶ月後には転院の話がでてきて回復期病院を探したそうですけど、”初台リハビリテーション病院”も候補に入ってたそうです。
長島監督が入院してた病院ということで有名で評判もいいみたいですからねぇ。
でも、個室しか空きはなく、個室に入院したら月最低でも100万円はかかって(半年入院してたら5百万から1千万円コース)庶民にはちょっと厳しい価格でした。
PT,OT,ST3職合わせて135人のスタッフかかえてて診療報酬の点数上限までリハビリ受けられるだろうし、環境がいいのは間違いないとは思うので人気があって空き待ちというのもわかるのですけど。
結局、私は家から近い急性期病院と提携してる回復期リハビリ病院の6人部屋に転院しました。
差額ベッド代はなしだったのですけど、高額療養費制度を使っても入院代と食事代とリネン代と合わせて月十数万円はかかったみたいですけど。

まぁ、「リハビリは頑張れば頑張っただけの効果がある」と言う人もいますけど、私は「ある程度のことをやっていればあとは脳の障害状況とそこからの回復状況次第と思ってて、一人しか居ないので対照実験はできませんけど長嶋監督は初台リハビリ病院以外の病院でも今程度の回復はしてると思いますし、私が初台に入院してたとしても今以上の回復はしてないと思うので、もし誰かに相談されたら、回復期の病院選びは通いやすいとこで経済的に無理がないところを勧めると思います。
(病院によってはリハビリは適当で、ベッドで寝かせておくだけのところもあるだろうから、ちゃんとPT,OT,STがいてリハビリを短い時間でもきちんと受けられることが前提ですけど)
ラベル:リハビリ 脳梗塞
posted by one-hand-engineer at 10:29| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする