2018年06月13日

ヤブ医者の語源

NHKでやってる「チコちゃんに叱られる」が好きで第1回からかかさず見ているのですが、その中でなぜ下手な医者を「ヤブ医者」と呼ぶようになったのかという回があって
”徳川5代将軍綱吉のときの兵庫県養父市出身の名医がいて江戸に呼ばれて評判になって、それを悪用して大した腕もないのに「自分は養父医者の弟子だ」と口先だけの医者が続出し、「養父医者」の名声は地に落ち、いつしか「薮」の字があてられ、ヘタな医者を意味するようになった”という説明でした。
なるほど、と思ったのですけど、「日本語どうでしょう」https://japanknowledge.com/articles/blognihongo/entry.html?entryid=399 という国語辞典の編集者さんが書いたのを読むと”「やぶ」は「野巫(やぶ)」のことで、本来は呪術(じゅじゅつ)で治療を行っていた者のことでこれに「藪」「野夫」などの漢字を当てて田舎医者の意味となって、あざけって言うようになった” という説で、裏付けとして、室町時代の公家の日記にも”藪医師”という記述があることが書いてあります。
番組でも”諸説あります”と注意書きは書いてありましたが、「養父医者」説は養父市は強力に押してるようですけど、辞書業界?では主流派ではないようですね。

「養父」説の方が面白くてTV向きだけど、室町時代の文献等のエビデンスがあるなら「野巫」説の方が説得力ありますね。
posted by one-hand-engineer at 09:15| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月12日

"因果"か"運命"か

”因果"というと仏教用語的な意味もあるけど、そうじゃなくて単に”原因(行動)があって結果がある”説。

西城秀樹が早く亡くなってしまったのは厳しすぎるリハビリが原因であるという”因果”説と、いや”運命”だ、という対立?が脳卒中業界(なんだそりゃ)の一部にあるよう。

私はどちらかというと”運命”説に近い”運”説。
”運命”というと神様とか宗教的なものが出てきてしまうけど、人智を超えるものは何も想定していない単なる”確率”的なものと考えています。
ニュートン力学対量子力学ですな。
posted by one-hand-engineer at 14:32| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月08日

9年たっても再発は怖い

最近とみに(とみにではなくますますだな)調子が悪いのですが、朝起きた時に頭が覚醒するにつれ左半身のしびれがひどくなり、起き上がるとふらついたり、夜になって吐き気がしたりすると前回倒れた直後の頃を思い出して、もうあんな思いはしたくない、と非常に不安になります。
前回倒れた当時もそうだったのですけど、死ぬのは別に全然怖くないのですけど、吐き気や、めまいや、痛みや、トイレにいけなくなったり、手が動かなくなったりすることには恐怖を覚えます…
願わくば次に何か起きた時には瞬間的に意識を失くしてあっさりとおさらばしたいものです。
そのためにはどうしたらいいんでしょうね… まぁ、運次第だとは思いますが。
ラベル:脳梗塞
posted by one-hand-engineer at 15:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月03日

病気前、病気後

TVで昔の映像が流れるとAD 3年(After Disease,病気後3年)だな、とか9.11はBD 8年(病気前8年)だなとか、無意識のうちに病気前か後かを基準に考えてしまいます。
特に病気前に好きだった曲が流れると、この頃は病気になってこんなことになるなんて思ってもいなかったなぁ…といろんな感情が溢れてきます。
最後にバイクに乗ったのはいつどこに行った時だったっけかなぁ、とかもう思い出せないぐらい病気前の記憶ってかなり薄くなっているのですけど…
以前は、結婚前か後かとか子供が生まれる前か後かとか就職する前か後かが区切りだったのですけど、病気はそれが吹き飛ぶぐらいの大きな区切りになりました。
posted by one-hand-engineer at 16:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月29日

奇跡的回復なんていうのは

倒れてから1週間意識不明で開頭手術を2回、胃ろうと人工呼吸器をつけ、「最後のお別れをしたい親戚がいたら呼んで下さい」「助かっても寝たきりか植物状態を覚悟してください」とか言われていながら3ヶ月後には病室のベッドの上で腕立て伏せして人工呼吸器を外した傷跡から血の汗を流すぐらいの回復をしたのですが、医者から「奇跡的回復」と言われたことは一度もないです。
かわりに「脅威的な回復力」とか「今まで見たことがない」とか言われましたけど。
「奇跡」なんて言葉を使う医者がいたらそういう医者にはあまりかかりたくないですねぇ…
素人が言う分には何とも思いませんが。(何とも思わないで「そういうのを信じる人なんだ」と分類するだけ)
宗教関係とか民間療法関係には多そうですけど。
posted by one-hand-engineer at 12:47| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月26日

IT業界で横行する恥ずかしい英語発音

はてな匿名ダイアリーに「IT業界で横行する恥ずかしい英語発音」という投稿があって

英語 妙な発音 私がしっくり来る発音
height ヘイト ハイト
width ワイズ、ウィドス ウィッズ
allow アロウ アラウ
deny デニー ディナイ
href ハーフ エイチレフ
Dreamweaver ドリームウェーバー ドリームウィーバー
fedora フェードラ フェドーラ
cron クーロン クロン
yum ユム ヤム
none ノン ナン
responsive レスポンシブル レスポンシブ
char チャー キャラ
halt ハルト ホールト
altcoin アルトコイン オルトコイン
desktop ディスクトップ デスクトップ
というのがありました。

だいたい同感なのだけど、自分の場合 allowはアロウ、fedoraはフェドラ、cron はクーロン、noneはノンと読んでて、でも、そんなに恥ずかしいとも思いませんな…
英語をカタカナで発音するのにそもそも無理があるし、略語に正解はないだろうし。
(今思ったのだけど、clock daemonはなぜclonでなくてcronなんだろう…)
char はチャーで、これはN-BASICの時代からCHR$をチャードルと発音してたからもう直らない。

他にもwarningをワーニングかウォーニングかとか、altをアルトかオルトかとか。
LINUXをリナックス、リヌクス、ライナックスというのも昔はありました。今はリナックスでほぼ統一されたようだけど。
ASUSなんか公式が呼び方変えてるからなぁ…(エイスース、アスース)
nVidiaをヌビディアと読む人もいるし。
これは論争になりやすい話題かも。

英語の発音で思い出した。
昔、hotdogをホットドッグと注文したら全然通じなかった… ハッドッの方がまだ通じる 
ウォーターをワラと同じ。 
出川イングリッシュの世界ですな。
ラベル:IT 英語
posted by one-hand-engineer at 15:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月25日

さようなら西城秀樹

西城秀樹と長嶋茂雄は脳梗塞界の2大スーパースターと言っていたのですが、その一人が亡くなってしまったのは自分で思ってた以上にショックでした… 
永井一郎やアン・マキャフリーやレナード・ニモイが亡くなった時以上に寂しく感じるとは思いませんでした…
我々の世代にヒデキや百恵ちゃんはスターでしたし、美空ひばりや石原裕次郎はもっと上の世代という感じであまり特別な感情はわかなかったのですけど、西城秀樹は同じ病気だったのもあってTVとかで見ると「あ、頑張ってるな」となんとなく応援してたのでちょっと特別でした…(やっぱり無意識に自分と重ねてしまうのでしょうねぇ)

昨日はTVで「直撃!シンソウ坂上」という追悼番組をやってたのですが、奥さんの美紀さんのインタビューとか子供3人の顔出しとか貴重な映像がたくさん見られました。 長男格好良かったのでそのうち二世タレントとして出てくるかもしれないですね。
インタビュー聞いてわかったのですが、倒れた時には心臓が止まってて(救急搬送後も40分止まってた)そうで、3回目の脳梗塞という推測は外れでした。心筋梗塞とか心臓の血管が詰まったかとかですかね。
本人は2020年の東京オリンピックで歌うことや、2021年に50周年コンサートやることを楽しみにしてたようで本当に残念です…

ちなみに、亡くなった日は過去最高の2700PVを叩き出すぐらいの「西城秀樹さん(と奥さん)を応援するブログ」(自称)でした。
ラベル:西城秀樹
posted by one-hand-engineer at 11:49| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月24日

ジェネレーションギャップ

機械式(ボール)のマウスを知らないとか、ハードディスクがなぜCドライブからなのか知らないとか、保存のフロッピーディスクのアイコンの意味がわからないとか、もう世代が違うんだなぁと強く感じます。
最近だと、西城秀樹をちびまる子ちゃんのお姉ちゃんが好きな歌手としてしか知らなくて、実在の歌手なんだ、と言った若い人がいたというのはちょっと衝撃でした。
posted by one-hand-engineer at 11:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

調子が悪い

先月ぐらいから調子悪くて、週一の通所のリハビリにもいけず、散歩も数百mが精一杯という状態。
一口で言うと”調子が悪い”なのだけど、説明するのが難しくて、麻痺側の半身が冷たく感じ、手の震えがひどく、足裏の感覚も鈍く、口の中のしびれがきつく、舌の動きが悪く、左目と右目のズレがひどく、頭の回転も鈍く、等々が重なって何がどう悪いのか説明が難しい…
主治医は倒れた直後から診てもらってる先生なのだけど救命救急が専門で、この薬を試してみたいとか言うと協力的に相談にのってくれるのだけど、慢性期の症状にはあまり慣れてない?興味がない?みたいな感じで手詰まりみたいな感じだし…
病気直後は8年も経てばだいぶ良くなるだろうと思ってたけど悪化する一方…
これから年取って体力低下してきたらどうなるのだろうと不安。
2年目ぐらいが回復の希望もあったし、復職の目標もあったし、後遺症の身体への順応もできてきてたし一番よかったかな。
まだ若いのにと言われてる西城秀樹が亡くなった年齢になるまででもあと十年以上もあるのかと思うとほんとにうんざりする…
あまり愚痴みたいなのは書きたくないのだけど現状を書こうとするとどうしても愚痴っぽくなってしまう…
そういやもう1ヶ月以上猫に会ってないな…元気でやってるかな…
ラベル:脳梗塞
posted by one-hand-engineer at 14:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月17日

西城秀樹さん亡くなる

西城秀樹さん(の奥さん)を応援するブログとしてスルーはどうかなと思ったのでとりあえず。

死因は書いてないけど、おそらく3回目の脳梗塞ではないかと思われ、他人事でないのでいろいろ思うことはあり…
(追記:心不全という発表があったようだけど、心不全は”心臓が止まった”というだけで何もわからないんですよねぇ… 脳梗塞ならそう書くはずだし、何でしょうねぇ…)

63歳かぁ… 世間ではまだ若いのにと言われるだろうけど、自分からすると、まだ10年以上もあるけど、それまでもつかなぁ…という感じ 一応、親父が死んだ70才が目標ではあるのだけど
ラベル:西城秀樹
posted by one-hand-engineer at 14:25| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする