2017年07月23日

「電機メーカーが消える日」



新書とかビジネス書なんて滅多に買わないのだけど、この本は面白かった。
「失敗の本質」の電機メーカー版だなぁ、責任者(経営者)が大きなミスを避けて判断を間違えたり、判断を間違えても責任はとらなくていい体質だったり、と思って読み進めていたら本文中に「お気づきの方もいると思うが、本書のモチーフは第二次世界大戦における日本敗北の原因を組織論で解き明かした「失敗の本質」である」と明記されていた。

日本の電機メーカーの敗因の一つは、日本の電機メーカーの多くが電力ファミリー、電電公社ファミリーで、電気も通信も独占市場で値上げが自由でその儲けが設備投資として電機メーカーに流れる構図だったので、家電もコンピュータも携帯も本気で儲ける努力がいらない片手間な取り組みだったのが、通信の自由化(NTTの民営化)による電電ファミリーの瓦解、電力の自由化と原発事故で東電という家長を失った電力ファミリーの瓦解が起きたという指摘。

読み物としても面白いし、元・業界の中にいた人間としても書かれている原因の分析にも非常に納得がいく。 綿密に取材してきたのだろうなぁ…

本書では、”恐竜は絶滅し、哺乳類が誕生する”と希望を持たせているけど、まぁ、恐竜はほろびる運命というのには同感だけど、次に栄える哺乳類(産業)が出てくるのかが全く見えないのと、次が出てくるまでの痛みは全部下っ端がかぶるんだろうなぁ…と暗澹たる気分になる…

電機メーカーの経営者も当然この本読んでるだろうけど、サラリーマン経営者じゃ立て直しは絶対無理だろうなぁ…
電機メーカーに勤める若い人は、変化を恐れず哺乳類を目指すしかないと思う。

ラベル:本/マンガ
posted by one-hand-engineer at 18:47| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

片麻痺の歩行について(何度めか…)

健常者と同じような歩行がいいのか、片麻痺に適した歩行があるのか、昔よく考えてたのですが、片麻痺になると誰もがぶつかる疑問かもしれないですね。

私の結論としては、病状(後遺症)の程度次第で、病状が軽ければ健常者風の歩行に越したことはなく(なんたって人類が何千年の進化の中で身につけた最も省エネで安全であろう歩行形態)重ければ安全重視でそれぞれの症状に合った歩行形態がよいだろう、というものでした。
(4年前ぐらいにもこんな記事を書いてました http://one-hand-engineer.seesaa.net/article/355950736.html 入院してた時期にも「なんば歩きを試してみた」とか書いた記憶があります)

今、歩行時に気をつけてるのは
・つま先はできるだけ上げる(ひっかかって転倒しにくいように)
・ひざ関節はまっすぐ前後方向にだけ曲げる(膝関節を痛めないように)
・ひざが曲がってる時間はできるだけ短くする(ひざが曲がってる=筋肉に力が入る=疲れる)
・坂の上り下りは健側の足を軸にする(転びにくいように)
・できるだけ左右対象の姿勢にする(片側に負担がかからないように)
とかですかね(自己流ですけど)

病状(後遺症)の程度次第で健常者と同じように歩ける人もいれば、T字杖で歩ける人もいれば、多脚杖であれば歩ける人もいれば、歩行器や歩行車でないと歩けない人もいるし、車椅子の人もいる。
(その人の状態に合わせていろんな歩行補助具があります http://kaigo-takuhai.com/special/10point/ijo/points/08.html )

誰もが健常者風に歩けるわけではないので、どのような歩行形態がいいのか、どのような補助具がいいのか腕のいいPTさんが発症後1〜3ヶ月後ぐらいの状態を見ればかなりの確度で見極められるんじゃないですかね。

ということで、人によって最適な歩行形態は違う、PTさんの腕の見せ所ではないか、というお話でした。
ラベル:脳梗塞 リハビリ
posted by one-hand-engineer at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

新しい脳梗塞治療薬

http://www.asahi.com/articles/ASK7L7WC8K7LUBQU025.html

従来の治療薬(tPA)は発症から数時間以内に始めなければならないという制約があるけど、この薬の開発が成功すれば数日後の投与でも後遺症を抑える効果が期待できるそうな。

発症から数年後でも効果が期待できる後遺症の薬や治療法も見つかるといいなぁ。
年とって動けなくなる前になんとかなるといいな。
ラベル:脳梗塞
posted by one-hand-engineer at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

ネコ寝る2

IMG_2049.JPG
最近、ネコの寝顔の写真を撮るのがマイブームなのですけど、結構な年の野良ネコでも可愛いから品種のよい子猫だったらさぞや可愛いだろうなぁ
ラベル:
posted by one-hand-engineer at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脳卒中 慢性期のリスク

http://katamahino-ayumi.blog.so-net.ne.jp/2017-04-25
を読んで
慢性期のリスクは”「再発リスク」、「痙性と拘縮」、「転倒リスク」「関係消滅」「意欲減退」の5つです”
というのにはほぼ同感です。

でも「痙性と拘縮」は人によるでしょうね。
私は「痙縮や拘縮」はないですけど、「しびれや震え」がひどいので「後遺症による様々な身体的症状」と大きなくくりにした方がよさそうです。

「経済的な不安」は「後遺症」の程度「意欲減退」の程度次第のところがあると思います。「転倒リスク」も「後遺症」の程度にもよるかな…
そうすると、「再発の心配」「後遺症」「人間関係喪失」「意欲減退」の4つにまとめられるかな?
ラベル:脳梗塞
posted by one-hand-engineer at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

「小林麻央報道の「印象操作」にザワつく乳がん女子の胸の内」

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52200

を読んで、「乳がん」と「脳卒中」じゃ全然違うけど、共感できる部分も多かった。

"病気になっても、病後の人生で豊かな選択が可能な事を証明したい"というところとか

"共感と癒しを同じ乳がん患者に求め患者会とやらに顔を出してみるも、支えあいの一方で「私の方がステージ高いから大変」「若年性、若年性って、自分は若いって言いたいの?」など嘘みたいな劣等感プロレスとマウンティングが繰り広げられていた。"

とか

"ではマスコミが「ウケる傾向」を追いかけた結果何が起こるかというと、たった1人のインフルエンサーの症状が「乳がんの代表症例」のように報道され、視聴者に偏った知識が広められていくのだ。そしてわたしも自分が罹患するまで、その報道に感化されていた外野だったと痛感した。」
「そうした人が日本における大半にもかかわらず、世間ではウケ狙いの報道によって、1人の闘病事例が「基準」になっているため、立ち行かなさを訴えると、それは「自己責任」だと突き放される。"

とか
posted by one-hand-engineer at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

ウチの夫は仕事ができない

「ウチの夫は仕事ができない」というドラマのタイトルを見て、出来がよい/悪いの問題でなく、可能/不可能のレベルで仕事が出来ないからなぁ…と愚痴る。

以前、夫が仕事をしないでヒモのような生活してる話を見ながら「俺は仕事したくないわけじゃなくて仕事してても収入が絶望的に少ないだけだから全然違う」と言い張ったのでした。

なんとかしなきゃな、と思いつつ早4年…(当初は2年の約束だったのに、とても職探しできるような体調でない)
しんどいので横になってると「いつも寝てる」とサボってるように言われるし。
しかし半日も集中していられないぐらい退化するとは思わなかった…
とにかく、手の震えやふらつき(転倒しそうで怖い)や目の見えにくさや半身のしびれやダルさや肩凝りがひどいです。
posted by one-hand-engineer at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

障害者はマイナスの存在なのか

ブログ村を巡回しててちょっと気になった記事。
「障害者は本来マイナスの存在なのだから周囲に感謝して生きよう」というもの (批判する意図は全くありません この記事を書くきっかけとなったという紹介のためだけです)

「いろいろ周囲に助けられてるのだから権利を主張するばかりではなく感謝の気持ちを忘れないようにしよう」という意見には全く賛成なのですけど、”優生思想”につながり、さらに”優生思想”はいけないことなのか?という昔からある議論につながる考え方でもあるので、こういう考え方を広めることには反対です。
(優生思想については、いろいろな人が書いているので一例のURLを紹介して長々と書くのは省略します。→ http://www.geocities.jp/wan_ojim/sub4c.htm )

「周囲からの援助がないと生きられなくなったらマイナスの存在でしかない → 存在価値がないのだからただ周囲に感謝して文句言わずに黙ってろ」というのは、病気や事故で障害者になって援助が必要になるのは一部の人だけですけど、誰でも年を取ればなることであり自分がその立場になったときにあまり楽しい考え方じゃないと思います。

それより、障害者でも高齢者でも存在意義を認められている世界の方が生きやすくて、私はそういう世の中になって欲しいと思います。 ← ここが言いたかったところです

上記URLからの引用ですけど
”人の価値は生産性のみで決まるものではありません。
個人としての人格が持つ精神性や、他者に与える影響力等、森羅万象に対して
何らかの変化をもたらす根源となる「存在意義」が総合的に評価されるべきです”
ラベル:障がい者
posted by one-hand-engineer at 14:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

遊歩道の自転車の交通ルール

麻痺側の左耳がよく聞こえない(聞こえてはいるのだけど、注意が他に行ってると聞き取れないというか、くぐもってるというか、どういう状態なのかよくわからないけど聴力検査に引っかかったぐらい聞こえが悪い)ので、左後ろから自転車が来てても気がつかずに急に抜かされてびっくりすることがよくあります。
びっくりするだけならまだいいけど、前に犬の糞でも落ちててよけた横をすれすれに猛スピードで自転車がすり抜けていったりすると身の危険を感じます。

散歩はいつも遊歩道のようなところを歩いているのですけど、ここの自転車の扱いってどうなってるのか疑問が出てきました。(バイクは乗り入れ禁止の看板がでてる)
数年前の道路交通法の改正で自転車は基本的に車道を通行することになって、確か歩道は3m以上ないと自転車は乗り入れ禁止になったはずで、いつも歩いてる遊歩道はどうみても3mもなく(植え込みを除くと実質2mぐらいか?)道路交通法上の扱いはどうなってるんだ?と気になって。

wikipediaを見ると、遊歩道は”自転車歩行者道”というもので、道路交通法の”自転車通行可の歩道”とは別物のよう
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E8%BB%A2%E8%BB%8A%E6%AD%A9%E8%A1%8C%E8%80%85%E9%81%93

道路交通法だと
「自転車通行空間の種類と通行ルール 」
http://www.hrr.mlit.go.jp/kanazawa/douro/bicycle/img/pdf/pdf02.pdf
を読むと
”歩行者の側方を通過するときは、歩行者との間に安全な間隔を保ち、又は徐行しなければならない。(道路交通法第18条第2項)
とあるけど、杖をついた歩行者がいようがその横のせまいところを猛スピードですりぬけていく自転車はとても多い。杖をひっかけられそうになったこともある。(ゆっくり走ってくれたり、譲ってくれようとしてくれるいい人もいるけど)
でも、遊歩道には標識がでてるわけでもないから道路交通法は関係ないのでしょう たぶん…

何にしても、歩行者の中には耳が聞こえない人もいるし、ふらついてよろける人もいるから歩行者の横を通過するときは十分な間隔を保つか、ゆっくり走って欲しいものです。
というか自転車に乗る人も公道を走るなら道路交通法知ってないとダメだと思う。
自転車も免許制にしろまでとは言わないけど、ルールやマナーを守って欲しい。
中にはスマホ見ながら走ってるバカモノもいるからなぁ…
posted by one-hand-engineer at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

むし【グロ注意?】

IMG_2028.JPG

美味しくいただきました。
(注:ニョッキです)
posted by one-hand-engineer at 14:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする