2021年09月10日

「For Life」

最近見ていた海外ドラマ。
無実の罪で終身刑の判決を受けて刑務所に投獄された黒人男性が刑務所の中で勉強して弁護士資格を取り、自分を弁護して無罪を勝ち取り、同じように冤罪で投獄されてる黒人を弁護したり、9年間の刑務所生活で失った家族関係を取り戻したり…
2020年のドラマらしいけど、BLM運動にインスパイアされてるのは明らか。
人種差別は今でも明らかに残ってるけど、こういうドラマもちゃんと作られて公開されるのが米国のいいところだと思う。 
コロナの話もストーリーに影響する形ででてきたり、2020年のドラマだなぁ、と思う。
刑務所で弁護士資格とったり、服役したまま裁判に出廷したり、いかにも作り物な設定と、それでも、次はどうなるんだろう、と続きが気になって見てしまうストーリーと、地味だけどTV向けでは作れないNETFLIXならではのドラマでした。
イケメンも出てこないし、恋愛もないし、派手なアクションもないし、笑えるところもないし、奥さんは何の興味も示さなかったくらい見る人を選ぶドラマですが… 
ラベル:TV/映画
posted by one-hand-engineer at 11:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月31日

セミ爆弾

セミファイナルとも呼ばれる、この時期よく見られる落ちてるセミの死骸…
うちの家族は怖がってさわれないので、必然的に片付けるのは私の仕事になるのですが、この前、足も閉じてて死んでると思ったのをちりとりで拾ったら、突然「じじっ」っと鳴いて飛び去って、数mですぐに墜落。
正直ビビりました…
セミ爆弾、油断禁物…
posted by one-hand-engineer at 14:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月27日

ワクチン2回目接種

外出することもないし、通所リハビリにも行かなくなったので職員さんやお年寄りと接することもないので感染させる心配はないし、ワクチンは打たないでいいかな(感染したりさせたりするリスクよりワクチンを打つリスクの方が高いか)と思ってたのだけど、予約サイトが混雑してつながりにくいという噂を聞いてたので奥さんの分の予約を手分けして2台のPCでやろうとしてたら、あっさり奥さんの分の予約がとれてしまい、同じ時間帯で自分の分もあっさり予約できてしまったので、近所のクリニックで接種。
麻痺側の腕が不随意運動で大きく動くときがあるので不安で、かといって健側の腕に打って何かあったら生活に支障が大きいのでどっちに打とうか(あるいは医者に手間かけるけど尻に打ってもらうかとか)ちょっと悩んでいたのだけど、心配するほどのことはなく、多少腕が震えてても医者は平気なようで、麻痺側の腕にあっさりと打たれました…

注射針も技術の進化で細くなってるせいか、絶対子供の頃の注射より痛くなくなってるし、強度も上がって多少腕が震えたぐらいじゃ注射針も折れなくなってるのだろうな、と思います。

肝心の打った後は、自分は多少の筋肉痛(健側も50肩か痛いので、両腕を上げると痛い状態)とちょっと倦怠感があるな、程度でした。(ちなみにファイザー)

こういうのって、「別にどうってことなかった。」という体験談だと面白くもなんともないから(特別に書くこともないから)100万人に1人ぐらいの”何かあった”とか”すごい副反応に苦しんだ”記事の方がどうしても多くなるのでしょうね…

ワクチンについては、色々な考えがあると思うけど、反対派の「長期的な影響が不明だから打たない」という理由には反論は難しいですね。
あと、「なんだか悪い予感がする」という理由も反論が難しい。
それ以外の人は打った方がいいと思うんだけどね。
ウィルスの遺伝子が組み込まれるとか不妊になるとか、もっととんでもな5Gの電波で操られるとか磁力を帯びるとかいう理由なら反論もできるけど…

個人的には、世界中で数億人以上接種しててそろそろ実績的にも問題なさそうだし、「免疫」や「医療」は専門外だけど、mRNAワクチンって不活化ワクチンとか生ワクチンとかより技術的にはスジがいいと思うし、感染したときのリスクの方がワクチンのリスクより100倍以上のオーダーで高そうだし、タイミング的にもオリンピックの後で皆気が緩んで、デルタ株の影響も大きくて感染増えそうだし、今から1年ぐらい感染リスクを下げておくのがいいかな、という判断で。

前にも書いたけど、http://one-hand-engineer.seesaa.net/article/481478772.html 個人的な根拠のない予測としては終息は2022年後半頃と見ているのは変わりませんが、感染力は強化するけど弱毒化する方向に変異していくという予測は外したかなぁ…
posted by one-hand-engineer at 12:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月24日

オリンピック開会式

一番印象に残ったのは、久しぶりに見た長嶋茂雄さん。 
あとはドローンの集団飛行とピクトさんには笑ったのとドラクエの音楽はもしかしたらあるかな、と思ってたけどFFやらモンハンやらエースコンバットまで。 知らないゲーム音楽も何曲もありました。 
ゲーム音楽がこれだけフィーチャーされるとは予想外でした。 
まぁ、5年前の安倍マリオから予想できても良かったのだけど。

長嶋さん、隣の松井さんにズボンを握って支えてもらっていたけど、私も入院中の歩行練習とかはズボンの腰回りを握られてたので、ああ、と思ったけど、杖も歩行器もなしで歩いてたのは根性の人だな、と思いました。
今まで右手はずっとポケットだったけど、なんか壊死してるように見えたのは気のせいか… 
片麻痺で循環不良というのは聞いたことあるけど、壊死はあまり聞いたことないのだけど…

あと、合唱とか聖火リレーの子供が随分遅い時間までTVに出てたけど、紅白とかでもかなり厳しく自主規制してるのにオリンピックは例外か、児童福祉法的にグレーだなぁ、と思ったり。

ドローンはIntelので平昌オリンピックでもやってたけど、台数増えたし、制御技術も進化してるのだろうなぁ…
GPSだけじゃあの精度は出せないだろうから、地上の複数台のカメラで画像認識して、(個体の認識はどうやってるのだろう、人の目に認識できないぐらいの速度でLEDを点滅させるか、いやいやUWB使うか、とかいろいろ考えて楽しめました)
ちゃんとNOTAM(notice to airmen)も出てて、さすが公式。
NOTAM.jpg

聖火の最終の点火者、大坂なおみだったけど、ちょっと長嶋さんの後じゃ弱かったかな…
個人的には、AI美空ひばりが歌いながらとか、すでに亡くなった偉人をCGで、とか予想してたのだけど大はずれ。

しかし、これだけの人出で、来週の感染者何人ぐらいになるだろうか。東京で8月上旬に1万人/日を超えると予想している人もいるけど、どうかなぁ… 個人的には7千人ぐらいがピークと予測しているけど、ちょっと楽観的かな…
無観客はいいけど、関係者が街をうろうろしてるし、スタジアムの外も緩みきってるし、減る要素はない…
あとは無事に終わることを願うだけ。
posted by one-hand-engineer at 17:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月29日

アリを退治したいのだけど…

モグラとアリと格闘している話を前に書いたけど、まだ格闘中。
あいかわらず庭に、黒アリと小さなアリがたくさんうろついてる。

武器としては何種類か殺虫剤を試してます。

最初に試したのは「アリアトール」

かけた後、粉末のおがくず色の粉が残ってしまうのがいまいち。
薬をまいたところだけ一時的にはいなくなるのですけど、あまり効きませんでしたでした…

一度巣を30cmぐらい掘り返して埋め戻してみたのですが、3時間ぐらいで地表の出入り口が復活してたのはアリって勤勉だな、と感心しました。

「アリの巣コロリ」


透明な液体なので跡が残らないのはいいのだけど、根絶は無理でした…
500mlぐらいを惜しまずに撒いてみたけど、しばらくは姿が見えなくなるのだけど、2〜3日後には元気に歩き回ってまし…
アリの巣穴って深くて横穴も多く、なかなか巣の奥までは届かずにすぐに復活してしまうようですね…

「スーパーアリの巣コロリ」


次に試したのは設置型アリ誘引殺虫剤。
誘引剤は逆にアリが集まってきそうだからと避けてたのだけど、全くの杞憂でした。
ケースに入れたままだと、ケースの中にはいって餌をもっていくようなアリは一匹もいない… 
ケースの横や上を素通りするアリを見て腹立たしいことこの上なし。
ケースから出して少し撒くと、ようやく何匹か巣まで運んでいくアリを発見。
大きいアリ(クロアリ?)には効かないけど、小さいアリ(ヒメアリ?)には効く感じ

to be continued…

(追記)
1ヶ月ぐらいたって、すっかりアリの姿を見かけなくなりました…
薬を撒いても撒いても違う場所に巣が移動するだけだったのに、巣も見つからなくなりました… あきらめて、敷地の外に出ていってくれたならいいのだけど
薬が効いたのか、季節が変わって梅雨の大雨と梅雨明け後の猛暑で移動したのかわからないけど、いなくなったから、ま、いいか。
トータルで、アリの巣コロリ(液体)3本(3l)とスーパーアリの巣コロリ2個を使いました。
posted by one-hand-engineer at 16:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする