2019年04月08日

「なつぞら」

4月から始まったNHKの朝ドラ。
2週目でようやくちょっとだけ広瀬すず登場。

主人公がアニメーターを目指す話らしい。
アニメーションの考証には小田部羊一さんの名前が(ずっと”おたべ”と読んでたけど”こたべ”だと初めて知った)
主人公”なつ”のモデルは小田部羊一の奥さんの奥山玲子さんらしい。
で、奥山玲子さんは「太陽の王子ホルスの大冒険」の原画を書いてたらしい。
学生の頃、「太陽の王子ホルスの大冒険」を苦労して探して見たなぁ…
もう、背景を知っただけで見なきゃ、と思う。
広瀬すずも嫌いじゃないし。(「海街ダイアリー」の”すず”はベストキャストだと思う)
主題歌のスピッツも好きだし。
千鳥の”のぶ”も出るというし。
古畑任三郎の向島巡査の人も出てるし。
ラベル:TV/映画
posted by one-hand-engineer at 08:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月07日

賃貸マンションのインターネット

インターネット対応と謳っていながら自分で契約/工事しないといけない賃貸マンションの件、どうしようかと検討してたのですけど、WiMax、携帯の容量アップ、ドコモ、au、ソフトバンク、NURO光等いろいろ検討しましたが、最終的に「U-NEXT光01」にしました。
上下100Mbpsでちょっと遅めだけどWiFiで使うなら十分だし、月額2980円で他より安いのと、キャンペーンで無線LANルーターが無料なのとU-NEXTが半年無料というので。
無線LANルータは使わなくなったやつを3台ほど人にあげちゃって手持ちがないので買わないといけないし。

U-NEXTは先日無事開通してWiFiで実測下り75Mbps 上り35Mbps出て満足してます。
一応インターネット対応だけあって部屋までケーブルはきてるので屋内の工事は不要で局側の設定変更だけで済んで簡単だったようではあります。

ちなみに、BS/CS対応と謳っていながら部屋のアンテナコネクタは地上波のみのようでした。(分波器をつければ見られるのかもしれないけど仲介業者に聞いてもわからないので無駄な出費になる可能性もあるのでやってない 地上波はアンテナケーブルを直結したら見られたというのだけど、これでBS混合ということあるのかな…ないよな…)
追記:https://www.antenakoji110.com/news/20180410.php ここを見ると、混合でも分波器無しで地上波映る可能性もあるのね 今度BSの入力にアンテナケーブルつなげて試してみるように言ってみるか

でも、インターネット対応と書いてあったら月額料金払えばログインかWiFiのパスワードを教えてもらえてすぐ使えると思うし、BS対応と書いてあったら部屋にBSアンテナのコネクタがついてると思うよなぁ…
posted by one-hand-engineer at 08:40| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月05日

リジェクトとの戦い

長期間アップデートされてないアプリはAppleから警告が来て(有償のApp優先のよう)30日経つとAppStoreから削除されてしまうので警告がきたものからアップデートしてるのですが、以前は問題なかったアプリが「minimum functionality」でリジェクトされて審査を通過できずに削除されてしまったり、レビュワーの個人差には泣かされてます。

今回はアプリの名前に「TEST」という単語が含まれていたのが”Guideline 2.2”違反でリジェクトされてしまいました。
アプリの名前に test, trial, demo, beta, pre-releaseなどが含まれているとNGということで、「wikipediaにも載ってる固有名詞で、test版という意味は全くない」と反論したのですけど何度もリジェクトされ、仕方なく名前をかえてメタデータから”test"という単語を全部消して、ようやく通りました。
同時期にレビューに提出したアプリで「 xx test」という名前で問題なく審査を通ってるものもあって、本当にレビュワーによって対応が全然違います。
そしてリジェクトの理由に納得がいかなくても、それを相談する窓口もありません。
審査結果に不満があるときは、他のレビュワー数人と多数決をとるような対応をして欲しいものです。
レビュワーによってはリジェクトの嵐で、反論しても回答はGuidline xxのコピペを送ってくるだけで何が悪いのかさっぱりわかりません。

でも、あまり反論ばかりしてるとアカウントを停止されてしまう場合もあるようで、強く反論もできません。
https://techno-monkey.com/apple-reject-app-alldelete/
とか、他にも理不尽な目に会ってる開発者はいっぱいいるみたいです。
個人開発者は立場が弱いですね…

これ、公正取引委員会的に”優先的立場の濫用”のような気もするなぁ 誰か訴えてくれないかな…
ラベル:アプリ製作
posted by one-hand-engineer at 10:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月03日

民事訴訟されたよう

Scannable_の文書__2019-04-03_18_46_33_.png

最近流行りの架空請求詐欺ハガキがうちにも来たので速攻で晒す。
03-6759-2778 訴訟通知センター から。
住所は霞が関なのに消印は板橋北。
住所を打ち込んで印刷する手間とハガキ代62円かけてハガキばらまいても元が取れるんだから被害者も多いんだろうなぁ…
早く捕まれ。
(ちなみに、詐欺じゃなくても単なるSPAMメール、勧誘電話、訪問勧誘ですら毛嫌いしております)

追記:このブログを読んだ人はこのようなハガキが届いても絶対にあわてて書かれている番号に電話したりしないでくださいね。
無視するか、判断がつかなければ「国民生活センター」http://www.kokusen.go.jp/ncac_index.html や「東京都消費生活総合センター(架空請求110番) 」https://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/torihiki/taisaku/sodan.html などに相談してみてください。
posted by one-hand-engineer at 17:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

障がい者向け機器はなぜ高い

障がい者向け機器やソフトは数が出ない(一般消費者の人数と障がい者の人数が大きく違う)のと、ユーザーサポートも手厚く必要になるので、どうしても高くなってしまうメーカー側の事情が大きいでしょうね…

例えば給料月20万円の人が2人で3ヶ月で作って(実際こんな安くは作れないでしょうけど)、同じく給料月20万円の人が1人で2年間ユーザーサポートをして(実際は人件費以外にも電話代や事務所の家賃などもかかるでしょうけど)開発/サポートにトータル600万円かかるとして、1万個売れるなら600円で売っても赤字にはならないですけど、100個しか売れないと6万円になってしまいますからねぇ…(それでも利益は0円)

何か他に儲かる商売を持ってるところが副業でやるとか、大口のスポンサーから支援してもらわないと商売としては厳しいでしょうね。
ラベル:障がい者
posted by one-hand-engineer at 06:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする