2021年12月16日

トヨタのEV戦略とか車の買い替えとか

「2030年までに30車種のBEV(バッテリー式電気自動車)を展開し、350万台を販売」
https://news.yahoo.co.jp/articles/c2864704a1ba0e7b6a513fdbee75204c9f0af605

という記事を見て、今までトヨタは「エンジン向けの部品を作ってる系列メーカーがつぶれてしまう」と後ろ向きなのかと思ってたら予想以上に前向き。さすが。
このままハイブリッドとかFCVにこだわってたら世界市場じゃ勝てないものね。
面従腹背というか、二枚舌というか、従来の系列部品メーカーにもいい顔しながら戦略はしたたか。
このままHVにこだわってたりするとEUには2035年以降出荷できなくなるし、2030年頃までの内燃機関からEVへの転換戦略は難しいけど非常に大事。
日本の自動車メーカーには家電メーカが沈んでいったような戦略上の間違いはしないでうまく舵取りして欲しいものです。

コンピュータ製品のOEMや部品供給をやってて、車載の商談も何件か対応したことはあるのですけど、車載の環境条件は厳しくて、対応は非常に難しかったですね。
コンシューマー向けのLSIなどの電気部品はたいてい0度から40度の周囲温度の想定なのに、車載だと雪降る-10度から炎天下の車内の70度とかまで正常に動かないとダメだし、直射日光の紫外線だの排気ガスの窒素酸化物だの、真面目に対応しようと思ったら密閉やら高価な軍事規格の部品を採用せざるを得ないやらものすごくハードルが高いのだけど、そんなことしたらものすごく高価なものになってしまう…
たぶん、中国とかの安いメーカーは動けばOK、壊れたら交換すりゃOKで普通のコンシューマー向けの部品や技術を使うだろうけど、日本のメーカーの品質基準は厳しいから、まじめにやって価格競争力がなくなってしまう…

私がまだ会社にいた頃からどうしたものかと考えてて、品質の考え方を「ギャランティー」型から「ベストエフォート」型に変えていかないとダメじゃないだろうか、と考えてました。
日本の消費者は意識するけど、海外の顧客が求めるレベルを基準として価格/品質のバランスを考える、という思想。 考え方を変えなきゃいけないので難しいけど…

個人的には家の車が10年ものになってしまってあちこちにガタがきてて、最悪なのはパワーウィンドウが時々壊れて運転席のウィンドウが閉まらなくなることがあることで、間欠故障でディーラーに見てもらったときはちゃんと動いて「問題なし」と言われて修理してもらえなかったこと… ヘッドライトは黄ばんでるし、さすがに10年超えると買い替えを考えるけど、今はEVへの過渡期で難しい…
充電スタンドはまだまだ普及してないし、HVは高いし(FCVなんて問題外)
BEVなんて、外でバッテリー切れたら充電どうするんだろうとまだ実用レベルじゃないと思うし
充電規格も国産のCHAdeMO(チャデモ)が海外で勝てると思えないし…
2030年頃までには大勢は決まってると思うので、今はまだ時期が少し早いと思うのだよねぇ…

でも、あと10年は車の寿命が持ちそうもないし、買い換えるのも保険の切り替えや自動車税の減免申請に都税事務所に行かないといけないし、今の車から12Vコネクタの増設だのLightningケーブルだのオーディオのノイズフィルターだのドライブレコーダーだの外さないとならないし、非常に面倒なんだよねぇ… どうしよう…
posted by one-hand-engineer at 11:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月12日

MacBookのACアダプタの向き

IMG_3536.JPG
コンセントに直差しすると向きが悪いので、こういう高い向きを替えるものを使ってたのだけど、横向きのACタップを使ったら、安くてスッキリ。早く気づけばよかった…



IMG_3535.JPG
ラベル:PC/Mac
posted by one-hand-engineer at 10:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月10日

病気で崩れたライフプラン

20代で買ったマイホームなので、築25年以上経ってあちこち傷んでかなりボロボロ…
本当は50代の今頃に子供の進路が決まった頃にそれに合わせて建て替える計画だったのに…
早期退職したのでお金はないし、片麻痺で引っ越しする気力も体力もない…
壊れたところを修理しながら朽ちていく我が家と運命を共にするしかないかな…
長年住んで愛着あるからいいのだけど。

車も病気前に買ったので、もう10年もの…
病気前は月500kmぐらいは走ってたけど、免許返納してしまったので今は奥さんと子供が雨の日にお互いに駅までの送迎と病院に行く時に使うぐらいなので年数10kmぐらいしか走ってない…
年式の割に走行距離は超短い。
ナビのTVは地デジ非対応だし、地図も古くて新しい道走ると道じゃないとこ走るし、バックモニタは曇って見えないし、走行距離は少ないけど、あちこちボロくなってきてて車検も来年から毎年になるのでそろそろ買い替えたいとこだけど、お金はないし、よさそうな車もないし(EVはまだ早い(もっと枯れてからでいい)し、ハイブリッドは高いし、EVが普及するまでのつなぎにガソリン車(e-Powerがいいかな)にここらで一度買い替えておきたい時期なのだけど…

でも、共働きだったおかげで食べ物や公共料金には困ってないけど、一人働きだったらもっと困ったことになってただろうからまだいい方かな…
病気は本当に人生が一変するので気をつけてくださいね。
まぁ、病気になった時に全面的に見直して再計画すりゃいいのだけど。
でも、定年退職したら夫婦で食べ歩きや旅行でも、と思ってたのが全部パー。
posted by one-hand-engineer at 09:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月01日

オミクロン株への期待

感染力は強そうだけど重症化しにくいものだったら、これまでのアルファ、デルタ株等と置き換わってくれそうだから、今後の調査/検証に少し期待をしています。
(前にも書いたけど、ウィルスの生存戦略としては宿主を殺してしまうものより、感染力は強くて重症化しない方が有利だから、変異の方向としてはその方が合理的)
まぁ、悪い方向に変異する可能性も大いにあるけど…
必ずしも悪材料と捉えていないのは少数派なのだろうなぁ…

(追記:ここ見てる限り、新規感染者の増加ほど死者数は増えていないので、ちょっと期待してるのだけど…)
スクリーンショット 2021-12-02 12.40.30.png
posted by one-hand-engineer at 17:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月29日

国債は借金ではない?

自国通貨建てだから大丈夫だとかMMT理論だとか国内で買ってるから大丈夫だとかバランスシートで見れば資産も増えてるから大丈夫だとか言う人がいるけど、嘘っぽいけどうまく反論できなかったのだけど、この東洋経済の記事の反論は個人的にはとても腑に落ちる 
https://toyokeizai.net/articles/-/471734

また国債を財源にばらまきしようとしてるようだけど大丈夫かねこの国。
まぁ、いざとなったら預金税とか言ってたくさん預金を持ってる人は40%課税ね、(政治家とか本当のお金持ちは海外に資産移したり不動産に変えてたりしてて影響なし)とか平気でやりそうだけど。
その前に、今までの使い方とその効果の検証とかちゃんとしてるのかねぇ。PDCAをちゃんと回せよ、と元品質管理屋としては強く思う。

18歳以下の子供なんて私立の学校にでも入れない限りそんなにお金かからないと思うけどな…(食費や公共料金の支払いに苦しんでるような本当に苦しい家庭はあると思うけど…)
18歳以上の奨学金とバイトで学費払ってる学生さんとか大変だろうな…
非正規とか有期雇用で契約切られちゃった人とかも…
posted by one-hand-engineer at 15:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする