2019年06月13日

ロボ貯ってどうよ

最近、TVのCMでよく見る「ロボ貯」
てっきり、「THEO」みたいな AIで投資先を選ぶロボットアドバイザーみたいなものかと思ってたら全然違った。

webページを見ると、トップ画面には「高利率」「毎月分配」「手数料無料」とかよさそうな言葉が並んでいる。
けど、よく探さないと見つけられない「契約締結前交付書面」を読んでみると
https://www.onetapbuy.co.jp/regulation.html
「先物取引」とか「デリバティブ」とか「証拠金」とか「ロスカット」とか危なそうな単語がたくさん出てくる。
投資先も高利率かもしれないけどハイリスクそうなところばかり。

「手数料無料」とか言ってるけど「スプレッド」(売る価格と買う価格の差)が0.5%もある。
上がろうが下がろうが売買ごとに業者は確実に0.5%儲かるし、0.5%以上の価格上昇がないと客は儲からない仕組み。しかも毎月分配のために基準価額は下がる可能性が非常に高い。(「手数料」を「スプレッド」と言い換えをしただけ。売買ごとに手数料0.5%なんてものすごく高い。売買手数料無料、管理費用(信託報酬)0.2%/年ぐらいの投信もたくさんあるのに)

全然「貯蓄」じゃなくて、かなりハイリスクな「投機」ですな。
内容をよく理解した上で余剰資金でやるなら止めないけど。
数年ぐらい運用実績を見てからの方がいいとは思うけど。
posted by one-hand-engineer at 10:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月12日

F35墜落問題

具体的な証拠がない中で”空間識失調”が原因で機体に問題はない、と早く結論出したいのが見え見えですな。

新人パイロットでもあるまいし”空間識失調”に陥らないように自分の感覚より計器を優先するというのはベテランの戦闘機乗りなら叩き込まれているだろうに。
で、実際F35の計器(高度表示)ってどうなってるのだろう、と調べるとF35はHMD(ヘルメット内蔵のディスプレイ)がメインで、タッチパネルディスプレイが1枚あるだけなのね。
HMDに表示される画像のイメージは


この動画でちょっと見られるけど、飛行姿勢はわかりやすいけど、高度は(たぶん)小さなデジタル表示。表示されるその他の情報量も多い。
昔みたいにアナログでぐるぐる針の動きで感覚的にわかるような表示の方が高度変化はわかりやすそうですな。
HMDで視界を全面覆われると”空間識失調に陥りやすいっていうのもあるのかもね。
1件の事故だけじゃわからないけど。
まぁ、続報(あるのかな)を待ちましょう。
ラベル:飛行機
posted by one-hand-engineer at 14:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月11日

ポイント失効

10年ぐらい前から電話、ガス、水道等の公共料金の支払いをカード払いにして(電気代だけはカード払いにすると手数料をとられるから銀行引き落としのまま)ドコモのポイントをためてたのだけど、年4,5千円ポイント貯まるはずなのにいっこうに貯まらない。
おかしいな、と思って規約をよく読むとポイントは4年で失効するらしい。どうりで4年分ぐらいしか貯まらないわけだ。
数がちょっとづつ変わるから貯まってるもんだとばかり思ってたけど、無駄に捨ててたわけだ。
10年貯めればスマホの機種代半分ぐらいになると思ってたのに…
気づいたからには対策として、dカードプリペイドを作ってポイントでAmazonギフトを買ってポイントを有効に使うようにした。

LINEのポイントもなんかのキャンペーンでもらった何百ポイントかあったのだけど、半年で失効するの知らなくてほとんど消えてしまったんだよなぁ…
昔、年数回海外出張してたときにためてた航空会社のマイレージも一度も使わずに終わったしな…

まぁ、ポイントなんて元々なかったものだと思えばそんなに悔しくもないけど。
posted by one-hand-engineer at 13:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月10日

老後2千万円必要

個人的にしてた試算とほぼ同じで「まぁ、そんなもんかな」と思ってて「たまには正直なこと言うな」と思ってたら、後から「表現が悪かった」とかいろいろ言い訳してるみたいね。

我が家の問題は奥さんが働けなくなったり退職したりすると、年金がもらえるようになるまで十数年貯金を取り崩して生活しないとならないので更にもっと必要になるのと、私の厚生年金加入期間が短いので年金が少ないのと、インフレ(というかスタグフレーションの方だと思うけど)のリスクと、年金額もどんどん減っていき支給開始もどんどん遅れていきそうなリスクと、健康リスクが他の家庭より大きいことだな。

撤退戦をうまく指揮できるのが優秀な指揮官だと思ってるのだけど、優秀な指揮官はどこかにいないもんかね。自分は安全地帯にいて勇ましい大本営発表だけしてる指揮官じゃなくて。
たとえ真実でも兵士の士気を落とすような発表はダメ発表だと思うけどね。
もうちょっとうまくやってくれよ。

「年金制度は破綻してる」から老後は「生活保護」で生きていく、と言ってる人もいるようだけど、年金制度が破綻するぐらいだと生活保護も破綻するし、生活保護の拡充より先に年金の方を税金で補填するようにするんじゃないかと思う(何もしてなかった人より、ちゃんと年金払って年寄り養ってきた人の方が優先でしょう、普通に考えて)

年金の試算したり、株や投信の含み益がどんどん減っていくのを眺めてたり、家の中のいろんなものが壊れていく(HDDレコーダーのDVDトレイが閉まらない、MacBookの電池パックが膨れていく、壁紙が剥がれ落ちていく、椅子や机のネジが外れていく…)のを見てると梅雨空も相まって暗くなる一方だわ…

追記:ここから問題のレポートが読めます。
https://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/tosin/20190603/01.pdf

金融省が出してるだけあって投資/運用を勧めるための資料で、年金問題とは別の視点でまとめられた資料で、これ単独で読んでも「実際、そんなものだろう」と特に問題あるとは思えませんな。

2000万円という具体的な数字がパワーワードすぎたのかな。
年収150万円とかで働いてる人がたくさんいる中で年収2千万とか資産数億円の議員がいろいろ決めてるからずれてきちゃうんだろうなぁ…

しかし、気に入らない結論が出たら受け取らないとか、審議会/ワーキンググループで検討する意味がないですな。
posted by one-hand-engineer at 16:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月05日

ペダル踏み間違え事故

最近多いアクセルとブレーキの踏み間違え事故(報道が増えるからという説もある 踏み間違えによる事故は交通事故全体の1%程度という統計もあるようだし)技術屋としては同様の事故が3件以上起きたらヒューマンエラーが原因だとしても設計変更して対策すべき、と考えてて、対策としては”ナルセペダル”(今は”ワンペダル”という名前らしい http://www.onepedal.co.jp/products/)がいいんじゃないかなと考えてました。(5年前にもこんな記事書いてます)
http://one-hand-engineer.seesaa.net/article/404298973.html

対策に衝突防止の自動ブレーキを義務付けては?という話もあるけど、自動ブレーキも誤動作がゼロにならないとダメだし(オフにできない自動ブレーキも怖い センサーの汚れとか他車のセンサーとの干渉とか誤動作ゼロも難しいだろうし) ついててもいろんな条件で動作しないこともあるだろうし、コスト的にも部品点数(=故障率)的にもペダルの改良で対策の方がいいと思う。

昔はMTしかなかったからfoolproof(複雑な操作ができなくなると自然に運転できなくなる)になってたのかな…
ラベル:
posted by one-hand-engineer at 13:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする