2019年03月18日

薬がない… 打つ手がない…

今まで効いてた「リボトリール」(ベンゾジアゼピン系なので替えたかったけど他に効く薬がないのであきらめて使ってた)が効かなくなってきて、脳神経内科に通って他の薬もいろいろ試してみたのだけど、効く薬がなくてあきらめた。
今まで試した薬(十は超えたか)の一覧をメモってたファイルが消えちゃったのだけど、ま、だいたい憶えてるし、よさげなものはほとんど試してみたからいいか。 薬の領収書はとっておいてあるから探そうと思えば探せるし(必要になることはないと思うけど)
病気後ほとんど右手しか使ってないので右脳の機能不全が進んで、ベンゾジアゼピンが効いてたということは神経の興奮系の物質が出すぎてるか抑制系がうまく働いてないかだと思うのだけど、PTも脳神経内科医もお手上げだから、打つ手なし。

さて、低空飛行でどこまで行けるか。
調子が悪いと頭の回転も悪くなるし、やる気もなくなるから困ったもんなんだよなぁ
10年以内ぐらいに再生医療なり画期的な新薬でもでてくればいいのだけど。
ラベル:脳梗塞
posted by one-hand-engineer at 12:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月15日

昔の”ホームページ”

kata_logo.gif

geocitiesが来月(2019年4月)で終わるというので、一応昔のページをwgetで引き上げてみた。
1998年から2006年頃に当時はブログなんてものはなかったのでhtml直打ちで書いてた日記が懐かしい。
子供が生まれた話だの、初めて海外出張に行った時の話だの、ゲストブックには今は亡き親父の書き込みだのを見つけて泣ける。
当時はまだ子供の写真だの実名だの近所の地名だの実家の地名だの平気で書いてる。
まだインターネットも今ほどメジャーじゃなく平和な世界だった。
個人的に使用してたブックマークは今や”Page not found”ばかり。
検索ページのリンクには”千里眼”(早大)だの”ODIN”(東大)だの”問答”(京大)だの、あー、そんなのあったなぁ、と歴史を感じる。
日記にも「電車男」を読んでる話があったり。(リアルタイムでネットで読んでて面白いなと思ってたら、書籍化されてドラマ化されて映画化されて、あっという間にメジャーになっていった)
20年前だものなぁ… ネットの歴史がまた1ページ…
posted by one-hand-engineer at 10:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月13日

シマウマはなぜ縞模様?

縞模様の方がカモフラージュになるとか → 「うそ、目立つじゃん!」 
体温調節のためとか → 「なんで?」 
いまいち納得してなかったのですけど、最近、ブリストル大の研究で、馬に縞模様のコートと白いコートと黒いコートをかけて比べたら、縞模様のコートにはハエが体に着きにくかった、という結果を見て、ようやく納得できる説がでてきました。
ハエは伝染病を媒介するので体につかない方が生き残る確率高いし、飛んでるハエの目から見たら白黒のコントラストが強いのはチカチカして止まりにくいだろうな、と。
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/55667
posted by one-hand-engineer at 09:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月11日

3.11

あれからもう8年か…
退院したのが2010年で、震災が起きたときはまだ休職中で自宅療養してた時でした。
発生直後は部屋に積んでた本が崩れたのを見て「書籍流が発生」とか呑気にツイートしてたのに、だんだん被害の大きさがわかってきて、原発事故もわかって、深刻さがわかってきて…
その後は近所の原発の情報調べたり、活断層調べたり、節電したりしたなぁ…

自分も病気直後で先行きどうなるかわからなかった時期で8年後にはどうなってるかなと思ってたけど、道路や建物などは被災地の復興はかなり進んでるけど、自分の方は当時と同じか悪くなってるぐらいで…
でも被災地の方も復興はまだのところもあるし、原発の廃炉の目処もたってなくてまだまだたいへんで…

8年後はアラ還だなぁ… さて、8年後どうなってることか。
子供はちゃんと社会人になって家を出てるかな…
老夫婦で静かに平和に暮らしてるとよいのだけど…
もう災害やら病気はやめてほしいね…
posted by one-hand-engineer at 18:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月09日

「カメラを止めるな」

去年お金を払って配信で見たのですけど、昨日地上波TVでもう放送してました。
私はそれほど手放しで褒める感想は持ってなくて、学生の自主制作ならすごいと思うけど、一応プロの監督さんと俳優だからなぁ、とか、低予算を売りにしてても、「ターミネーター」を最初に見た時ほどでもないなぁ… というぐらいのものでした。 
逆になんでここまでヒットしたのかの方に興味を持ちました。

漫画の「ワンピース」が売れたのは、大手の広告代理店が有名人を使ってバイラルマーケッティングをやったんじゃないかと疑ってるのですけど、「カメ止め」は本当に自然発生的な口コミじゃないかな、と思ってます。
1カメ長回しというのは手法的には面白いし、ネタバレになるからくわしく書けないので「とにかく見てみて」と書くしかないので見た人が勝手に広めてくれるし。
まぁ、話題作は一応見てみるという私のようなミーハー層がブーストしている、というのもあるのでしょうね。

あ、配信で見てTVでも見てるぐらいで嫌いではないです。
英語のタイトルもロメロ三部作にのっとったゾンビ映画として由緒正しいネーミングで敬意が感じられるし。
ラベル:TV/映画
posted by one-hand-engineer at 15:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする