2019年05月13日

「シアター!」

有川浩の「シアター!」の1,2巻を読んだ。これで有川浩作品は出版されてるものは全部読んだかな。





2011年の作品だし、2のあとがきに「3で完結予定」とか書いてあるので、とっくに出てるのだろうと思ったら、 ”私は心無い言い方で求められることが多かった『シアター!』を完結させることを現状で断念しました” https://ameblo.jp/arikawahiro0609/entry-12165862995.html
だとー!?

消化不良というか、なんというか…
どういう終わらせ方するのか気になって仕方ない。いつか気が変わって出版されることに期待しましょ。

「皇国の守護者」も続きを楽しみにしてたら作者が亡くなっちゃって残念だったのだけど、作者が存命で続きが読めないって、他にもあったかなぁ… 「ハンターハンター」は思い出したように連載再開するからなぁ

まぁ、作品は作者のもので書くも書かないも自由だけど、1,2巻を世に出してしまった以上しっかり完結まで読ませて欲しいものです。
本作中にも掲示板荒らしの話とか、個人の名前で活動していくときの風当たりとかの話が出てきたりするけど、人気になるというのもたいへんなんだなぁ。
他にも文春やら新潮やら出版社とも闘ってるみたいだし(追記:違うな、サイゾー系の雑誌とか)根が武闘派なんだろうなぁ…

SNSで言われてることなんて無視すりゃいいじゃん、と言うのは簡単だけど、ブログのコメントとかアプリのレビューに否定的なことを書かれると結構精神的にくるので言うほど簡単でないのはわかります。 中には有益な感想もあるので全く見ないのもちょっともったいないし

んー、でもやっぱりどう終わらせようとしてたのか気になる。
地下鉄をどこから入れたのかよりよっぽど気になる。
ラベル:本/マンガ
posted by one-hand-engineer at 15:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月08日

令和初の

元号騒ぎも収まってきたので、そろそろ書いてもいいかな(へそ曲がり)
令和って打つの初めてだ。漢字変換の辞書登録も今した。固有名詞でいいのかな…
ちなみに平成から令和の年越しはラジオのオテンキのりさんの令和初ギャグを聞いて迎えました。

私なんて、いかにも「元号なんて非合理的。西暦で統一すればいいじゃん」と言いそうですけど、元号はあってもいい派なんですよねぇ。
伝統なんて非合理的なものですよ。
でも一見非合理的で無駄に見えても実は意味のあるものも世の中にはあるんじゃないかと思うのですよ。
「令」の字も「法律」とか「律令」とか考えるとちょっと嫌だけど「令嬢」「令息」とか考えると悪くないし「和」は文句なくいい字だし。

ということで令和一発目のブログは意味なし雑談ブログでしたー
posted by one-hand-engineer at 13:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月28日

運転免許返納について

高齢者の事故が増えて、免許返納の議論が一部で盛り上がってますけど、個人差や都会と田舎じゃ大違いとか事情があって、一律に法制化するのは難しいでしょうね…
先日事故の被害者の家族の方が言ってた「運転に不安があるなら返納を」と言うのが現状精一杯でしょう…

脳卒中当事者も高齢者と同じような運転免許の問題があります。
私は医者からは運転OKはもらえてたけれども、自分で情報処理速度の低下や動体視力の低下とか、何より高次脳機能の注意障害で注意力の分散がうまくできない(2つ以上の物事の並行処理がうまくいかなくて注意の分散に不安がある)のを感じてたので返納してしまいました。
(狭い道で対向車がきたらそっちに気を取られて反対側をこする自信がある)
病気してからは一度も運転はせず(車庫入れのやり直しをしたぐらい)
まぁ、比較的都市部に住んでるのでネット通販やタクシーであまり不便がないのと、同居家族全員が免許持ちになったのも大きかったけど。

免許更新の時期が来た時に、実際に運転はしなくてもなくても更新だけはしようかとも思ったのですけど、適性検査とか診断書とか面倒だったので失効させるか返納するかで迷った結果、身分証明書がマイナンバーカードと障害者手帳だけになるのもちょっと不便なので身分証明書がわりに使える運転経歴証明書をもらえる返納にしました。
でも、この運転経歴証明書には有効期限がないので、年取って顔写真が実際の顔と変わってしまったり、住所が変わったりしたら使えなくてあまり実用的でなさそう。(実際、経歴証明書だけだとダメで住民票が同時に必要になる場合があるようです)
マイナンバーカードは、書留の受け取りの時に見せたら郵便局員がまだやったことがなくて書類の書き方がわからないということで他の身分証はないかと断られたことがありますし、マイナンバーが書かれたものを持ち歩くのにはちょっと抵抗あるので身分証明書としてはやはり運転免許が一番便利ですけどね。

免許を返納した特典は「眼鏡や補聴器を作るときの割引」だのあまり使えなさそうなものばかりでした。
タクシー半額とか月いくらまで無料とかでないとあまり実用的でないでしょう。
でも、タクシー割引と言っても田舎じゃタクシー自体も台数がないし呼んでも時間かかるだろうし。
いっそのことUberとかLyftみたいなライドシェアを公認でやればどうかな、とか思います。(保育ママとかファミリサポートとかシルバー人材センターの運転者版みたいな)

脳卒中の場合、本人の正しい判断能力があればいいのですけど、問題がありそうなのに自覚がなく本人が「どうしても運転したい」と言いはるなら、主治医に根回しして運転不可の診断書を書いてもらうようにするのが一番いいでしょうね。 家族が一番常時そばで見てて運転して大丈夫か判断できるように思います。
操作とか記憶とか反射速度とかだけの問題じゃないですからねぇ…(日によって判断能力や認知機能にムラがあるとか)

「免許返納はもったいなかったかな」と思うこともあるのですけど、高齢者の事故のニュースを聞くたびに「返納してよかった。人に怪我させたり殺してしまうことは絶対にない」と正しい判断だったと思い直します。
ラベル:
posted by one-hand-engineer at 15:13| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月20日

車のシフトレバー

プリウス シフト.png

うちの車は10年前のAT車で、最近子供が免許をとったのですけどシフトレバーの表示を見て「”L"って何?」と聞くので、「教習所で習わなかった?ローギアでエンジンブレーキを効かせたい時とかに使うの」と答えたのですけど最近のAT車(教習車はプリウスだったらしい)のシフトレバーの表示って「B」なんですね。知らなかった。

最近、AT車で前進と後退を間違える事故をよく聞くけど、いかにもBをBackと間違えやすそう。
RがReverseで後退なんてお年寄りには難しいでしょう。
人間工学的にもレバーを上に倒す方が前進っぽいのも悪そうだな。
しかも、このレバーは単なるスイッチで、物理的には今どのギアにはいっているかわからないという。(物理的にも戻さなければいいのに)
なんで、こんな表示と操作にしたのだろう…
ラベル:
posted by one-hand-engineer at 15:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月15日

新入学の季節の風物詩がなくなった?

小学校の通学ルートが近いので、4月の新入生のシーズンになると毎年、防犯ブザーを間違えて鳴らしてしまって「ピヨピヨピヨ!」と大きな音が近所中に響き渡るのが恒例行事だったのですけど、今年は一度も聞いていません… 
防犯ブザーが改良されたのか、市からの無償支給がなくなったのか、今年の新入生が賢いのか、事情はわかりませんけど毎年新入学の季節の風物詩がなくなって少しさびしいです。 まぁ、静かでいいのだけど…
posted by one-hand-engineer at 14:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする