2017年06月21日

遊歩道の自転車の交通ルール

麻痺側の左耳がよく聞こえない(聞こえてはいるのだけど、注意が他に行ってると聞き取れないというか、くぐもってるというか、どういう状態なのかよくわからないけど聴力検査に引っかかったぐらい聞こえが悪い)ので、左後ろから自転車が来てても気がつかずに急に抜かされてびっくりすることがよくあります。
びっくりするだけならまだいいけど、前に犬の糞でも落ちててよけた横をすれすれに猛スピードで自転車がすり抜けていったりすると身の危険を感じます。

散歩はいつも遊歩道のようなところを歩いているのですけど、ここの自転車の扱いってどうなってるのか疑問が出てきました。(バイクは乗り入れ禁止の看板がでてる)
数年前の道路交通法の改正で自転車は基本的に車道を通行することになって、確か歩道は3m以上ないと自転車は乗り入れ禁止になったはずで、いつも歩いてる遊歩道はどうみても3mもなく(植え込みを除くと実質2mぐらいか?)道路交通法上の扱いはどうなってるんだ?と気になって。

wikipediaを見ると、遊歩道は”自転車歩行者道”というもので、道路交通法の”自転車通行可の歩道”とは別物のよう
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E8%BB%A2%E8%BB%8A%E6%AD%A9%E8%A1%8C%E8%80%85%E9%81%93

道路交通法だと
「自転車通行空間の種類と通行ルール 」
http://www.hrr.mlit.go.jp/kanazawa/douro/bicycle/img/pdf/pdf02.pdf
を読むと
”歩行者の側方を通過するときは、歩行者との間に安全な間隔を保ち、又は徐行しなければならない。(道路交通法第18条第2項)
とあるけど、杖をついた歩行者がいようがその横のせまいところを猛スピードですりぬけていく自転車はとても多い。杖をひっかけられそうになったこともある。(ゆっくり走ってくれたり、譲ってくれようとしてくれるいい人もいるけど)
でも、遊歩道には標識がでてるわけでもないから道路交通法は関係ないのでしょう たぶん…

何にしても、歩行者の中には耳が聞こえない人もいるし、ふらついてよろける人もいるから歩行者の横を通過するときは十分な間隔を保つか、ゆっくり走って欲しいものです。
というか自転車に乗る人も公道を走るなら道路交通法知ってないとダメだと思う。
自転車も免許制にしろまでとは言わないけど、ルールやマナーを守って欲しい。
中にはスマホ見ながら走ってるバカモノもいるからなぁ…
posted by one-hand-engineer at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

むし【グロ注意?】

IMG_2028.JPG

美味しくいただきました。
(注:ニョッキです)
posted by one-hand-engineer at 14:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

フリルが手数料無料の理由

TVのCMで山田孝之が宣伝してるフリマアプリのフリル。
5000円のモノを売って500円(10%)の手数料が不要、ということで、名前は出さなくても明らかに「メルカリよりお得」と訴求してるのですけど、手数料無料でどうやって儲けるのだろう??と当然の疑問が出てきます。

ちょっと調べるとフリルは最近楽天に買収されたよう。
で、販売手数料無料というのも基本的には期間限定のようで、ようはユーザ獲得のためのものですな。
楽天なら他の商売の儲けを回せばある程度の期間は赤字でも耐えられる体力あるし、フリマで競合他社と差別化できるようなビジネスモデル/サービスなんてそうそう思いつかないから手数料無料で釣るぐらいしか手がないのでしょう。
あとは、楽天の会員になるとわかるけど会員になった途端ものすごい量の宣伝メールがくるので、楽天会員を増やして広告収入を増やすのも目的でしょうな。

元々はメルカリも最初は手数料無料でユーザーを集めて2014年の10月にようやく有料化して儲かりだしてウハウハしてたら3年もたたないうちに他社が手数料無料でユーザーを奪おうとしてきてウカウカしてられませんな。
https://matome.naver.jp/odai/2141221611161085001
ネットの商売って一人勝ちで儲かってると思うとあっという間に血で血を洗うレッドオーシャンになってほんとに厳しい世界ですな。
posted by one-hand-engineer at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

ネコ寝る

IMG_2015.JPG
最近お気に入りの写真。
かまっていないと隣ですぐ寝ちゃうのだけど、信頼されているんだな、と悪い気はしない。
モフモフを撫でてるとすごく癒される。
アニマルセラピーって有効だと思う。
ラベル:
posted by one-hand-engineer at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

ビットコインの寿命はもって5年?

http://xn--u9jugpd8f4a3cc2961eiy8a.com/mamechishiki/bitcoin/
という意見がありますけど、個人的にはあと20〜30年は持つんじゃないかな、と思ってます。

”本来0円のもの”でも「欲しい」という人がいれば値段がつくのが資本主義(の市場経済)。

”損をした人の話を聞かない”っていうけど、短期的に大損した人の話はよく聞きます。
株とかFXとかと一緒で損をした人は悔しいし恥ずかしいからあまり話をしないで大儲けした人の話だけ大きく伝わってくるだけ。

”大量の資金を持つ投資家たちは市場を操作できて儲けるのが簡単なのでカモを待ってる”というのはたぶん本当でしょう。
なので、チャートの分析だけで短期的に儲けようと思っても難しいとは思います。
でも、長期的には価格は上がっていくのではないかと思ってます。

”システムに致命的な欠点が見つかった瞬間、世界中の人たちが持っていたビットコインは一瞬にして価値のないものになってしまう”という指摘には全く同感。
1番のリスクがこれで、ハッキング以外にも、計算コストのかからない高速な計算アルゴリズムを誰かが発見したり、量子コンピュータのような非ノイマン型の超高速なスーパーコンピュータが開発されたら一瞬にして大暴落の可能性はあるでしょう。

でも、2009年あたりからウォッチしてるけど誰もハッキングに成功していないし、ハッキングではなく正攻法だと、フィールズ賞をとれるようなレベルの数学の天才が高速計算アルゴリズムを発見するとか、量子コンピュータが実用化されて安価になるとか、どちらにしても5年程度のスパンじゃ破れないような気がします。

そもそも日本で不換紙幣が発行できるようになったのが1942年でまだ百年もたってなく、それまでは金(Au)と交換できないとダメだったわけで、金がなぜ通貨として通用するかというと、希少価値がある、偽造ができない、細かい単位に分けることができる、からでビットコインも、発行される数の上限が決まってる=希少価値がある、公開鍵暗号方式は解読されてない=偽造ができない、細かい単位に分けることができる、のは同じで、価値がある、と思って欲しがる人さえいれば金と同じように通貨として通用する要件は十分満たしてると思います。
で、欲しがる人がいるか?というと、当局に足がつかないお金を喉から手が出るほど欲しがっている人はたくさんいるわけで(主に法律を守っていない人や共産主義国の人)価値はなくならないでしょう。

ということでビットコインは5年では寿命にはならないんじゃないか(少なくとも2040年ぐらいまでは持つんじゃないか)というのが個人的な意見です。
まぁ、ハッカーの腕次第、技術開発や数学の発達次第というところではありますが、さて、どっちが当たるでしょうか。
(ちなみに、これを書いた時点で1BTC=30万円ぐらい)
ラベル:お金の話
posted by one-hand-engineer at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする