2021年05月10日

「SUITS シーズン9」

シーズン9が配信されてた。最終シーズン。
思い起こせば、シーズン1が日本で配信された当初から見てるから7〜8年になるのか?
レイチェルがメーガン妃になるなんて思いもしなかったあの頃。

まぁ、そこそこ面白いけど、やはり昔に比べるとパワーダウン感は否めない…
とくにリットとシーラが生理的に好きじゃないからなぁ…

レイチェルはドナが電話かけて留守電のシーンとかあって交遊が続いてるのは示唆されてるし、マイク・ロスの出番もあるけど、最後のパーティーのシーンにレイチェルがいないのはストーリー上すごく不自然で残念。
STARWARSのキャリーフィッシャーみたいなCG出演はTVシリーズの予算じゃ無理にしても、せめて背格好が似た人の後ろ姿でうまく誤魔化すとかワンシーンぐらいはできなかったかな… 
昔のレイチェルの映像は流れてたから本人の出演も不可能ではなかったんじゃないかとも思われ…
とにかく、最後のパーティシーンにジェシカとレイチェルの姿が見えないのだけが残念でした。
ラベル:TV/映画
posted by one-hand-engineer at 14:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月06日

リハビリのお話

脳卒中関係で新しく訪れる方も多いので、思い出したようにリハビリのお話。
(読み返したら、長い、読みづらい…)

要約すると

・脳卒中の場合の健康保険を使ったリハビリは180日まで
・最初に入院するのは急性期病院だけどリハビリの体制はないところが多い。
 命の危険がなくなったら回復期病院に移されてそこでリハビリする
・リハビリはPT(理学療法)OT(作業療法)ST(言語聴覚療法)の大きく3種類
 1日に受けられるのは合わせて2時間(多くて3時間) 自腹切ればもっと受けられるところもあるけど、いらないんじゃないかな
・180日過ぎると(過ぎなくても軽ければ)そこも退院させられて、自宅か施設で介護保険を使ったリハビリをする
・介護保険のリハビリは、要介護認定の介護度で決められた月額内でケアマネと相談して決める

以下、体験談含む長め

医療保険(健康保険)の制度により、脳血管障害 では150日、高次脳機能障害を伴った重篤な脳血管障害では180日まで1日6単位(1単位20分なので2時間)のリハビリが受けられます。
脳卒中の場合、それを、PT(理学療法 運動の機能のリハビリ)OT(作業療法 作業にかかわる機能のリハビリ)ST(言語聴覚療法 言語・音声・嚥下にかかわる機能のリハビリ)に割り振るようになります。

私は入院時は全部受けてたのですけど、具体的にはPTは体幹とか歩行とか、OTは木の棒を穴に刺したり、革細工を作ったり、STは「ぱたから、ぱたから」と発音の練習したり、(”ぱ””た””か””ら”の発音はそれぞれ舌や唇の違う部分の筋肉を使うらしい)4コマ漫画をコマ順に並べ直したり、言われた数字を覚えて逆順に言ったり、とかやってました。
一般の人が思ってるリハビリはPTの体操とか、バーを使った歩行とかでしょうけど、脳卒中の場合、OT,STも同じぐらい重要なリハビリになりますね。

180日(150日)を過ぎると、次は基本的には介護保険によるリハビリになります。
(ここ10年ほどの間に、医療費削減のために医療保険から介護保険への移行が進められています)
医者の指示があれば医療保険によるリハビリを続けられないこともないようですけど、診療報酬を減らされてて基本的には介護保険に追い出されます。

介護保険の方は要介護認定というのを受けて介護度(要介護1〜5、要支援1〜2 数字が大きいほど重い)に応じて月額いくらまでのサービスを受けられるか決まって、その範囲内でその他の介護サービスと合わせてリハビリを受けることになります(実際の負担割合はその人の収入によって1割とか3割とか決められて通知が来ます)ここらへんはケアマネさんとの相談になりますね。

流れとしては、発症直後は急性期病院に運ばれ、急性期病院は救命がメインでリハビリ要員はいない(ところがほとんど)ので、看護師さんがベッドを立てて座らせるとか、車椅子に座らせる、程度の軽いリハビリだけで(でも、座位を保つだけでも発症直後は結構しんどくて、私は車椅子に座らされるとベッドを叩いて早く戻せというジェスチャーをして怒ってたらしいです(覚えてませんけど)
当時は医者から車椅子も難しいかもしれないと言われてました。

発症直後は昏睡状態で閉眼で痛み刺激にも反応がなく、1週間後に開眼して話しかけると応答するようになったらしいですけど、本人は全くその頃の記憶がないです。自動で応答していたような感じで、母親の顔はわかっても子供の顔もわからなかったようで、子供はそれがたいへんショックだったようです。

1ヶ月後ぐらいからの記憶は残っていて、この頃から子供の顔もちゃんと認識できるようになりました。 
でも、この頃はまだねずみ顔の全身黒タイツの小人が時々見えてました。(まじめな話、本物と区別がつかなかったです) あと、複視でものが二重に見えてました。
複視がなおったのが3ヶ月後ぐらい、頭を動かしたときのめまいが治ったのは1年後ぐらいでした。めまいはひどくて視界がぐるぐる360度回るような感じで吐き気もしました。 めまいが起きると頭を動かさないようにして「回ってない、回ってない」とおさまるまで待つしかなかったので、時間はかかったけどめまいがなくなったのは非常に助かりました。

命の危険がなくなれば急性期病院から回復期病院に移されます 
私の場合は1ヶ月後ぐらいにストレッチャーで医療タクシーで移送されたようです。
おぼろげながら転院した記憶があります。回復期の病院にはPT,OT,STがいてリハビリ室もあって、1日2時間のリハビリを受けてました。
リハビリがないときは自主的にベッド横に立ったり、許可されてからは廊下を車椅子や歩行器で往復したり、手すりに掴まって往復したりしてました。
他の入院患者は高齢者が多く、ほとんどの人はベッドに寝たきりだったのでそんなことやってる人はいなかったですけど。
当時はまだ40代だったし、1日2時間のリハビリでは全然足りなかったですね。

回復期リハビリ病院も180日を超えると(診療報酬が減って病院が赤字になるので新規患者と入れ替えたい)退院をせまられて、自宅に戻るか、どこかのリハビリ施設に入るかの選択になります。
私はなんとか杖歩行できるまでになったので自宅に戻って、自宅で訪問リハビリを受けてました。訪問リハビリは1年ぐらい受けてて、PTさんと「筋力も関節の自由度も十分で、これ以上やることないね…)という話をして、訪問リハビリはやめてリハビリ特化型の送迎ありのデイケアセンターに週2で1年間ぐらい通った(いらないと思ったけど、家族が納得しないので)あたりで体調悪くなり(というか薬が効かなくなってきて)そこも行かなくなって自宅で自主リハビリだけになりました。
ちょうど新型コロナの流行もあって、どちらにしても在宅の自主リハだけになってたと思います。

リハビリの制度は複雑な上しょっちゅう改定されるので、ここの情報も古くなってるかもしれませんので自分でよく調べるか専門家に聞いてくださいね。
患者サイドに立った最新の情報がうまくまとまってるサイトは見つけられませんでした…
ラベル:脳梗塞 リハビリ
posted by one-hand-engineer at 12:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月05日

アリとモグラと闘っている…

最近、庭にアリが大量に発生してて、巣穴を探しては粉のアリ駆除薬をまいて、しばらく見かけなくなったかな、と思ったら、また別のとこに出入り口が出来てて薬をまく、を繰り返してます…
IMG_3440.JPG
大きなアリがいなくなったと思ったら別の種類の小さなアリが大量に湧いてくるし…
というわけで、最近(はもう1ヶ月近く)庭でアリと闘ってます。

あと、砂利を敷いたとこの砂利が土の部分に移動して、土は砂利だらけだわ砂利のとこは土が見えるようになってしまうわ、というのもあります。
これは、たぶんモグラかヒミズのせいですな…
IMG_3442.JPG

砂利が薄くなった部分に補充しようかとホームセンターで砂利を探したのだけど、色や大きさが同じものが置いてない… 
ネットで楽天市場やAmazonで探すとたくさんの種類が見つかるのだけど写真だといまち、色とか大きさがわからない…
まぁ、そのうち適当にネットで買ってみることになるだろうけど…
posted by one-hand-engineer at 13:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月28日

テレワーク おすすめグッズ

奥さんのテレワークで、我が家で買ったもの。

・15.6インチ モバイルモニタ


会社貸し出しのシンクラ端末の画面が13インチぐらいで小さいので。
中華製とかと比べるとちょっと値段は高いけど…

端末がHDMI出力なのでACアダプタがいるけど、私のMacBookPro(2020)ならUSB-Cのケーブル1本でつながるのですっきり。
VGAなら実家で眠ってる15インチのLCDがあったのに…
気に入らなかったら私が使う気満々だったのだけど、気に入られてしまったので使えず…

いつも食卓で仕事してるので、使わない時に片付ける時に付属のケースでコンパクトに収納できて便利。

・Lightning 2股ケーブル



会社貸し出しのiPhone7がLightningコネクタが1個しかなくて、ヘッドフォンマイクをつけると充電できなくて電池が持たないというので。(Bluetoothヘッドフォンマイクも1日はバッテリーが持たない)
純正のじゃないと同時に充電できないものもあるというので、どうかな?と思ったけど、iOS14まで問題なく使えてるよう。ただ、コネクタを指す順番があるかもしれない(面倒なので未検証)



画面が低くて疲れるというので。

今は15.6インチとデュアルディスプレイのサブ用だけど。


USBスリムキーボード



家にあった小型のUSBキーボードはテンキーつきでキーピッチが狭いのと打鍵感がいまいちというので新規に購入。

これはテンキーなしで小型の割にキーピッチが広い。
そしてやっぱパンタグラフキーボードの方が打鍵感はいい。


ワイヤレスマウス



シンクラ端末なので、家に余ってたBlueToothマウスは使えないので、USBドングルのワイヤレスマウスを購入。
ワイヤレスマウスに慣れてしまうと有線マウスは線が邪魔で使う気にならない。(自分が)

端末にはUSBコネクタが2個しかついてないので家にあった10年もののUSBハブを使って。

デュアルディスプレイと、打ちやすいキーボードで、iPhoneと併用、使わないときにコンパクトに片付けられるようにというチョイスでした。

posted by one-hand-engineer at 18:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月20日

「鬼滅の刃」

TVアニメ版しか見たことなかったのですが、ようやくコミックス版を全部読み終わりました。
IMG_3431.JPG
批評するなら全部読まなきゃ資格なし、という考えなのと、一度もまともに見たこともないくせに「全集中で」とか自分は若者の流行にも遅れてないんだぞ、と得意げなじじいとかを見ると「なに無理して迎合してるんだよ」とイラッとするので、面白いと言われているものは一応全部読んで見ようと思って。

コミックス版でなんで「火の呼吸」はなくて「炎の呼吸」なの?とか善逸って弱いのになんで鬼殺隊の隊士なの?とか伊之助の素顔はどんななの?とか、いろいろ疑問が晴れました。

普通に面白かったですけど、なんでこんなに流行ったのかはやっぱりわかりませんでした…
”電通案件”なんていう言葉もありますけど、インフルエンサーを使ったマーケティングと、新型コロナのおかげですかねぇ…
 
漫画としては「NARUTO」とか「鋼の錬金術師」の方が上だし、アニメも、もしいま小学校以下ぐらいの子供がいても進んで見せようとは思わないだろうな、と思うのですけど…
(自分の子供には「パンダコパンダ」を見せてどういう反応するか結婚する前から楽しみにしてました。「パンダコパンダ」は保育園の時ぐらいに見せたら思ってた以上に面白がって見てました。「未来少年コナン」も何回かチャレンジしたのだけど、長すぎて面白くなるところまで興味が続きませんでしたけど)

しかし、昔だったらこれだけヒットすると無理やり連載を引き伸ばされて大ボスを倒してもすぐもっと強い敵が出てきて”強さのインフレ”が起きたものですけど、きれいに完結してたのは好感が持てました。 編集部の新陳代謝も起きてるのかな…
ラベル:本/マンガ
posted by one-hand-engineer at 09:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月16日

ブルーライトといえばヨコハマ

ブルーライトカットがマーケッティング用で、ブルーベリーが目にいい、というのと同じぐらい医学的な根拠はない、というのは数年前から知ってる人は知ってる有名な話でしたけど、日本眼科学会がブルーライトカットについてコメントしたというのを読んでみると、効果がない、というのよりさらに一歩踏み込んで、カットすることに懸念があるという表現になっててちょっと驚きました。
強い光を浴びるのよりはマシなんじゃないか、ぐらいに思ってたのですけどね。
posted by one-hand-engineer at 13:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月12日

池江璃花子さんの影で

池江璃花子さんの四冠すごかったですね。
病気直後の写真では筋肉がすっかり落ちてしまってて、全日本でトップ争いできるくらいまでに戻すのは正直時間かかるだろうなと思ってたのに。
こんな短期間でここまで戻してくるとは、相当辛いことや苦しいことを乗り越えて努力してきたことでしょう。

と素直に称賛する一方で、その影響で脳卒中でリハビリしてる人に容赦ない”リハビリ頑張れ”という”リハビリ教”の押し付けが増えることが予想されて残念な気持ちにもなります。
池江さんの場合は骨髄移植を受けて病気は寛解状態で、筋力やスタミナを戻す”単純な”リハビリでいいのに対して、脳卒中の場合、筋肉を動かしたり、感覚を認知する脳神経が不可逆的に壊れてるケースも多いので、単純に筋力やスタミナだけの問題ではないのに、それを理解せずリハビリが足りないとか努力していないとか誤解している一般人のなんと多いことか。
病気のせいで物理的?にできないこともあるし、高次脳機能障害で遂行機能や社会的機能にも問題があって出来ないケースもたくさんあるのに、。
病気のせいで出来ないことを本人のやる気のせいと思われて責められたらたまったものじゃありません。
ただでさえ出来ないことが多くて落ち込んでるのに、知ったような口で素人から「池江さんは頑張ってるのに…」とか言われたら私ならイラッとすること間違いないです。(私の頃は「長嶋さんは頑張ってるのに」でした)
専門家の言うこと以外は右から左へスルーできるようになるまではイラつかないよう忍耐力が必要でした。
例え同病の人の話でも梗塞や出血の箇所、面積などにより大違いなのでだいたいスルーして大丈夫です。
ひどいときには、怪しげな民間療法の話を長々と聞かさされる羽目になるので要注意です。

私も体調が悪いときなど、歩くだけでも転びそうで、転倒したら数ヶ月は不便、下手したら頭打って大怪我とか考えて歩くのは怖くて避けてる時があるのですけど、それをさぼってると思われるのはとても心外です。
病気直後は命だけでも助かれば、と思って優しくされても、2,3年も経つと世間の風は冷たいものです。
posted by one-hand-engineer at 18:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月08日

病気後10年たつけど

「奇跡の脳: 脳科学者の脳が壊れたとき」 のジル・ボルト テイラー博士の著書で8年ぐらいで相当よくなったというのを読んでて期待してたのだけど、10年経つけど悪くなる一方…
老化もあるけど、麻痺側の震えやしびれはひどくなる一方。目もよくみえないし耳の聞こえも悪い。 散歩とか筋トレは変わらずやってるけど、麻痺側の動きは悪くなる一方。
一時期効いてたベンゾジアゼピン系の薬(リボトリール)も全然効かなくなってきた。
体の調子が悪いと、頭の調子も悪くなる… 集中力は続かなくなるし、回転も悪くなる…

ずっと一人で考えてても一人で思いつく以上のアイデアも出ないし、なにか作ってもしょぼい自分の腕以上のものは絶対できない。
やっぱある程度他人の助けは絶対いるな、と5年目ぐらいで思ってた。

発症時中学生だった次女が4月から社会人になって働きだして「もういいか」とも思うけど、まぁ、まだ諦めてもいないけどね。
なんか、思いつきそうで思いつかない10年でした。

投資も、最初の5年ぐらいで5倍くらいに増えて、楽勝と思ったら、そこから新型コロナ騒動とかもあって全然増えなくなった。コロナ期に少し仕込んだおかげでコロナ前の水準にようやく戻ったけど、3歩進んで3歩下がる感じだな。ほとんど進歩がない。
posted by one-hand-engineer at 13:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自動車業界の生きる道

EVの話の続きで、自動車業界が電機業界の二の舞にならないためにはどうしたらいいのか、というのをちょっと考えてみた。

電気製品は部品を組み合わせれば完成、なので人件費の安いところで大量に作れば(と通貨が安ければ)勝ちなので競争は相当難しい。
自動車のほうが電気製品よりも大きくて生産・検査設備的に参入障壁が少し高くてちょっとマシなので、いっそEMSならぬAMS(Automobile Manufucturing Service)をやるのはどうだろう。 
ソフトウェアじゃグーグル、アップル、テスラとかにはかなわないし。
テストコースとか、巨大な環境試験室とか、大きな生産ロボットとか、既存の生産設備を活かせるし。 
自動車業界で半導体業界のTSMCのような位置になれれば生き残れるでしょう。
まぁ、自社製品が売り上げが減るようになるような判断は雇われ社長には絶対できないだろうけどね。
posted by one-hand-engineer at 13:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月05日

EV(電気自動車)が嫌いとは言っても

http://one-hand-engineer.seesaa.net/article/471789440.html でも書いたけど、現状のEVはあまり好きじゃなくて
・充電ステーションの普及が先
・充電に時間かかる(いくら高速充電できても10分はかかるでしょう そんな待てる?)
・電池切れで路上で止まる車続出
・安物メーカーの壊れやすい車続出
・安物メーカーの安全性の低い車続出 事故死増
が主な理由なのですけど、このままでいくと、安いEVに取って代わられて日本の基幹産業?の自動車産業が廃れてしまう可能性が高いのも事実でしょう。

さて、どうするか、といろいろなメーカー/人が考えてるでしょうけど、
充電ステーション、充電時間、電池切れの問題はEV バイクと共通の交換式バッテリー → https://www.as-web.jp/bike/468916 こんなのを車には並列で何十個も載せるようにして、バッテリーはサブスクみたいにして常にフル充電のバッテリーをスタンドに準備するようにして、非常用にはカセットボンベ式の発電機でも搭載できるようにして、とかかな。
壊れやすい、安全性、の問題は創業期のトヨタでもあった問題で、メーカーが販売店と組んで本気で取り組めば解決できる問題でしょう。(海外メーカーでも)
自動車メーカーには家電メーカーの轍を踏まないように頑張ってほしいものです。
ケイレツの部品メーカーには大打撃だろうけど。 
これから10年で変われないと電機の二の舞になりそう…

自動運転? 自動運転は運転アシスト以上は一般道ではイレギュラーな動きをする人間の存在が多すぎて無理でしょう。 高速道路とか自動車特区とかに限られるんじゃないかな。
posted by one-hand-engineer at 14:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする